台北のおすすめカフェ ピックアップ

ブログで紹介したカフェの中から、とっておきの20店をテーマ別・地図つきでご紹介

「台北カフェ TOP 20」 へ

ドリンクホルダーは台湾の必需品。高雄の琥珀帆布で便利なの見つけた

雑貨・電化製品・文房具

台湾を歩く人のほとんどが、何かしら手に飲み物を持っている。

タピオカミルクティーはカロリーが恐ろしくて私はあまり手を出さず、ほっそりした女の子が大きなカップを持ってフラフラ歩いているのを見ると「なぜ」「どうして」「ほかに何もカロリー摂取していないのか」などと怪しんでいます。

それはともかく、台湾で必需品となりつつあり、メイドイン台湾のお土産にも手軽で良いドリンクホルダーと高雄で出会ったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

ドリンクホルダーが必要な理由

コーヒーを外帯、テイクアウェイにした時、それが買い物途中だと、ストローを刺したカップが結構危なっかしい。一度両手がふさがるのでカップをトートバッグの中にそっと縦に入れたら圧がかかってストローからコーヒーが逆流し、大惨事になってしまいました。

台湾政府の方針で、2018年からビニール袋の無料配布がなくなったため、ドリンクショップもカップを手渡ししてきます。

そこで登場したのが「環保杯套」と呼ばれるドリンクホルダー。いろいろなショップやデザイナーが商品を売り出して、

「あると便利なのかな」

と思いつつ、これといって欲しいものに出会わない。

「台湾雑貨でほっこりするアタシ」

を全身で拒絶するため、可愛すぎるものやキャラクターものも遠慮したい。そんなひねた性格のため、ずっとカップは直に手に持つ毎日でした。

台北のカフェ探しはこちらをどうぞ

台北のおすすめカフェ、とっておきの20軒を厳選!マップとデータつきでご紹介
台湾のおすすめカフェをジャンル別に厳選して紹介します このコラムでは、当ブログに掲載した記事の中から「音楽と映画」「癒しのカウンター系」「ねこやいぬに会える」「レトロ・リノベ系」のテーマ別に厳選した20軒をご紹介します。 「...

高雄の琥珀帆布、日本人男子が大喜び

先日出かけた高雄で、駁二藝術特區の先、港側のKW2でお店を見て歩いていた時のこと。同行の日本人男性が「お土産を」と真剣に見渡し、「可愛い」と喜んで手に取り始めたのが「琥珀帆布」の商品でした。

台南では有名な帆布のお店をいくつか見たし、私も実際に使っていますが、高雄のこのお店は初めて。お話を聞いてみると、まだ台北などには店舗を出しておらず、高雄内のみでの展開なのだそう。

男子が大きめのバッグをあれこれ試している間、私はドリンクホルダーに目を止めました。

「去氷無糖」「微冰微糖」など、台湾のドリンクスタンドの試練「氷と糖度の好みを明確に伝えてカスタマイズする」時の用語が書かれています。

「これ台湾ならではのお土産に良いですよ。シンプルで可愛いし便利そう」

バッグに夢中な男性陣に声をかけると、彼らも喜んでお土産にいくつか選び始めました。

私はその場で一つ買って、さっそくインスタグラムに投稿したところ、以前撮影でご一緒したスタイリストの女性から熱い反応が。台湾大好きで、台湾アイドルの衣装も担当したことのあるセンスの良い彼女が興味を持ってくれるなら、ますます自信をもっておすすめできます。

ドリンクホルダー、高雄から通販でお取り寄せ

仕事でまた台北に来る予定がある彼女や、これから来るであろう友人たちの分もまとめて取り寄せよう。

琥珀帆布のサイトを見てみると、やっぱりあった通販コーナー。台湾はどんなものでも大体通販で手に入るからありがたい。

でも、ページを見ても私が購入した「カスタマイズ文字入りホルダー」は掲載されていませんでした。

「載せていないだけで、きっとあるはず」

と思いメールで問い合わせたら案の定「ありますよ。どの種類が欲しいですか」「ありがとう。全種類です」
振込先の銀行口座を教えてもらい、入金すると二日後には自宅へ送ってくれました。

種類は4つ、各150元で

半糖少冰 half sugar less ice

微冰微糖 light sugar & ice

去冰無糖 no sugar no ice

加糖加冰 extra sugar & ice

から選べます。台湾でドリンクを買う時にこのホルダーを差し出せば、お店の人にもわかりやすいね。台湾の注音符号「ボポモフォ」がふってあるので、台湾中国語のお勉強にもなりそう。

台湾のドリンクスタンドでカスタマイズする時に迷いやすいのが糖度の問題。糖度の感じ方は人それぞれですが、私はチョコレートラテを頼む時いつも「微糖」とオーダーします。でも、初めて行くお店だと

「苦いよ?大丈夫?」

と必ず心配されてしまう。

「私にはそれがちょうどいいの」

「半糖くらいにしたほうが美味しいと思うけど…」

「いいえ。そんな甘いものは飲めません」

というやりとりを何度したことか。

よく行くお店の新入りさんが糖度を確認しようとすると

「彼女は微糖よ!微糖で良いの!」

と茶目っ気いっぱいに声掛けしてくれる古参スタッフがいたりするから、微糖って珍しいのかなあ。

 

これを手に入れてからは、両手いっぱいに買い物をしても、ホルダーを指先にひっかけていられるし、握りつぶして逆流からの大惨事も免れました。便利です。

オーダーメイドもできるようなので、何かを作る時に相談してみたいな。

琥珀帆布 データ

ULR: http://www.hoop.com.tw/

FB: https://www.facebook.com/taiwanhoop

IG: https://www.instagram.com/taiwanhoop/

購入できる場所

台中中友百貨誠品C棟10樓

※2019年11月、台中でも販売開始

高雄市鼓山區蓬萊路17號 | KW2 棧貳庫(品牌商品櫃位)

10:00~21:00

07-5311631

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。