スポンサーリンク

「艾維斯咖啡 Elvis Cafe」。Blue moon of Tainan city.気まぐれに開く台南らしさの「エルヴィス・カフェ」|台南のおすすめカフェ

台湾のカフェ

台南、孔子廟近くをぶらぶらしている途中で見つけたこの「艾維斯咖啡 Elvis Cafe」は、エルヴィス・プレスリーの写真やイラストが飾られて、古いタイプのVespaが店の前に停まっていました。50sスタイルが大好きな私は心臓を撃ち抜かれ

「こんにちは!珈琲飲ませてください!」

すぐさま店に入ろうとしたのですが

「ごめーん今日はもう終わり!」

店から出てきたおじさんはそういうと店の前に停めたVespaでぶーんと、孔子廟のほうへ消えていきました。

あれから4年。

台南ロケの集合時間が少し遅めだった5月の早朝に、炭焼きトーストを買いに行ってからふと思い立って、エルヴィス・カフェに電話をしてみました。

「今日開いていますか?」

「開いてるわよ」

「開いてるんですか?!すぐに行きます」

 

4年前に目の前で店を閉められて以来、台南へ行くたびに「エルヴィス・カフェ」の前を通り、今度こそ、今度こそと思っていても、いつもシャッターは閉まったままでした。閉店した様子はないので電話をかけても、誰も出ない。

楽しい台南関連書籍をいくつも執筆・プロデュースされているヤマサキタツヤさん、ヤマサキハナコさん兄妹と台北で食事をした時「あのカフェご存知ですか?いついっても開いてないの、もう営業していないのかもしれない」と嘆いたところ、その後台南へいらした際にわざわざお店まで行って、「開いてますよ!」と営業状態を調べて教えてくれました。

「わたし4年間ずっと毎回台南に来るたびに来たけど一度も開いてたことなくて、今日やっと、やっと入ることができて感動しています!」

朝っぱらから興奮気味に話しかけると、オーナーは困ったように

「それはごめんなさいねえ」

と笑っていました。

お話を聞いてみると、以前は印刷会社だった場所を「美味しいコーヒーが飲みたいな」という気持ちから、学生時代から好きだったエルヴィス・プレスリーのコレクションを飾ったカフェにしたのだそう。

「ここに来るのは近所の、大体知り合いばっかりだから」

そういいながら、ちょっと不思議そうにオーナーは私のことを見ていました。台南には今どきのおしゃれなカフェがいくらでもあるのに、外国人の、年齢的にもエルヴィス世代ではない私がなぜここまで「エルヴィス・カフェ」に執着するのか、謎だったのかもしれません。

 

「ここはわたしひとりでやってるし、用事があって出かけるときには店はしめちゃうの」

どうやら私はこれまで、オーナーがお出かけしている時にばかり来ていたようです。

エルヴィスの話になると、女学生のように弾んで楽しそうなオーナー。好きな曲は「Summer Kisses, Winter Tears」と教えてくれました。私はソングライターとしてのエルヴィスのことはよくしらなくて、デビュー間もないSun Records時代、「Blue moon of Kentucky」のような40年代後半の曲をエルヴィス流にカバーしたのが好き。有名な「Can’t Help Falling In Love」が収録されている「Blue Hawaii」も時々聴きます。

生まれた場所も時代も国籍も違う、初めて会った人と珈琲をはさんでおしゃべりが弾むなんて、音楽の力ってすごいなあ。

台南の青い月を見に、また行きたいな。

艾維斯咖啡 Elvis Cafe

台南市中西區南門路14號

06 214 1619

7:00-18:00 日曜休

※営業時間は不定なので、事前に電話で確認を。

地図で探せる台北カフェマップはこちら
「台北カフェマップ」で近くにある素敵なお店を見つけましょう
台北のおすすめカフェをGoogle Mapで探せる「台北カフェマップ」。台湾旅行、街歩きや仕事の合間、暮らしの中でちょっと一息つきたい時のお役に立ちます。レトロ系、古民家カフェ、カウンターの癒し系、映画や音楽を感じる場所など、テーマ別TOP5もまとめました。

 

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。