スポンサーリンク

苦節一年半。Google AdSenseに合格した理由が実はよくわからないブロガーの思うことと周囲の初々しい反応

台北生活
Google AdSenseに合格したよ!

と友達や家族に報告しても「?」「なんかよくわかんないけどおめでとう」と、はてなマークが最初に飛び交い首を傾げられることが多いです。

実際、私も首をかしげている。

初めて申請をして却下されてから苦節一年半。一体私のブログの何がダメだったのか、何が合格基準に達したのかが良くわからないからです。

「審査が厳しくなった」

と言われて久しいGoogle AdSense。「私はブログ10本書いて2週間で合格しました!」と意気揚々と報告するプロっぽい人たちの体験ブログを読み込んでも、なぜ自分は合格できないのか、私のコンテンツの何がダメなのか、何が足りないのか、どこをどう直せばいいのかも皆目見当がつきませんでした。

「攻略法」はプロっぽい人たちにお任せして、私は一般ブロガーとしての不合格続きでやけをおこしてから合格するまでの経過と感想、そして周囲の人たちの「なんかすげえ、でも、それなに?」と不思議がる反応が面白かったので、書いておこうと思います。

スポンサーリンク

「Googleの広告?なんかすげえ」はるたんっぽい反応の友人に、アドセンスを説明する

Googleの広告ってなんや。

AdSenseの基本情報にその詳細は記載されています。でも、ブログで広告収入を得ることまで考えていないネットユーザーの友達に「これを読めばわかるよ」と理解を求めるのは傲慢な気もするので

「まず自分のドメインでブログを作るでしょ、そんでせっせとコンテンツを積み上げて、その内容がGoogle先生的にオッケーってなったらGoogleがブログに広告を配信してくれて、ブログ主はそこから収益がもらえるの」

とざっくりした説明をしました。

「Googleの広告?なんかよくわかんないけど、すごいね」

友人たちからは、ドラマ「おっさんずラブ」で「本社がアメリカの広告代理店に就職が決まった」と報告する幼馴染のちずちゃんに「なんかすげえ」と答えた「はるたん」のような反応がほとんどでした。

「ブログに出ている広告がクリックされれば収益になるの?」

と一歩踏み込んだ質問をしてくれる善意の友人には

「本当にそれが見たいと思ったらクリックして。でも、私に良かれとむやみにクリックされると、逆にペナルティを喰らうかもしらんから…」

と牽制しておきました。

「ていうか、ドメインって何?」

と聞かれた時には

「住所というか、家のようなものかなあ…。ヤフーとかアメブロで無料ブログを借りていると、ヤフーさんちの誰それさんってURLになるけど、サーバーを借りて自分のドメインを有料で作れば、好きなアドレスにすることができるよ。空きがあればだけど。それと、無料で借りる場所ではデザインや内容に制限があったり、有無を言わせずに広告が表示されることもある。その広告収入は家主のもので、借りている人には関係ないの。でも、自分のドメインなら自由に構築できるし、広告を出すなら自分の収益にすることができる」

「賃貸と持ち家みたいなものかね」

「あーそうかもね」

「でもアドレス、なんでミミカフェなの。自分のフルネームにすればいいのに」

「それは…なんとなく」

「なんでドットコムじゃなくてドットネットなの」

「ドットコム高かったの。情報系のブログだから、ネットのほうがそれっぽいかと思って…」

なんとなく調べてじわじわ作っていたブログ、構築のイロハを統計立てて考えたことはなかったので、そういったことに手出しをしてこなかった人たちからの素直な質問は、自分が何をしてきたのか振り返るいいきっかけになりました。
周囲の誰にも相談せず、情報はネットの中でだけ探し回っていたことにも改めて気づいたり。そのネットの中でさえ、自分の作るものに何が欠けているのか、どうダメなのか、客観的なアドバイスを求めることすらできなかったんだということも。

 

サーバーとドメインづくりに苦労したいきさつはこちらをどうぞ

「お持ちのクレジットカードはご利用いただけません」 台湾在住者のお買い物事情
ブログ作りを本気でやろうと決意したら、まず初めにサーバーレンタルとドメイン作り。しかし私の台湾発行のクレジットカードでは、日本語サービスを提供する会社から「ご利用いただけません」とことごとく却下されました。

「AdSenseの基準に達していません」の達していない部分がわからず悩んだ日々

元々使っていたbloggerという無料ブログから自分のドメインにコンテンツを引っ越してある程度体裁を整え、違反コンテンツが無いかしらみつぶしにチェックして、わりと自信をもって申請したGoogle AdSense。申請して数時間で「不合格」通知が来ました。

「Google AdSenseの基準に達していない」というのがその大きな理由で、ヒントもいくつかあげられていたのですが、さっぱり要領を得ません。アメリカンでGoogle的なモノの言い回しは、日本語として間違ってはいないのかもしれない。でも、私にはなんのことやらわからない、まるで刺さってこない言葉の羅列にしか思えませんでした。IKEAのシンプルすぎてちょっと呆然とする説明書を見た時のような、「文化の違いか…」と納得せざるを得ない気持ち。

それでも研究とチェックを重ね、重箱の隅をつつく作業を繰り返しながらブログ更新は続けていき、ほぼ1年、毎月申請をしていたと思います。

けれども結果はことごとく、「基準に達していない」という不合格通知でした。

あーもうめんどくせえ。別にGoogleのためにブログを書いているわけじゃないんだもの。好きなようにやっていこう。

ある意味逆切れ状態で、アドセンスの申請はもうやめることにしました。

自分なりの見たこと、聞いたこと、有益だと思う情報。それが台湾や香港を好きになって旅する人、そこで暮らしている人の役に立ち、ちょっとした息抜きになったり、笑ってもらえたらいいな。

初心、書くときにいつも思っていること。誰に向けて書いているのか。それをもう一度自分に確認して、AdSenseのことは念頭におかずにブログを更新するようになったのです。

情報やサービスは、無料じゃない。会社勤めの時には現地情報やサービスを提供することで報酬を得ていた身としては、そのことは痛いほど実感しています。

自分の足で得たこと、考えながら書いたことが誰かの役に立つのは嬉しい。嬉しいけれど、広告収入も得られないこと、それは私の情報が「基準に達していない」レベルで、「Google的には認められない」程度だと思い知らされる無念さは抱えたままでした。

半年ぶりにブログデザインを変え、なんとなく再度申請したら合格

一年近く、毎月申請しては却下されていたAdSense。不合格にやけを起こし、「別にGoogle先生のためにブログを書いてるわけじゃないから!」と変な意地を張りながらも、書くことの楽しさと難しさを日々感じながら半年ほど更新を続けていたある日、このブログのシステムWordpressの無料デザインを配布しているわいひらさんが、新たなデザインテーマCocoonを発表したことを知りました。

それまでわいひらさんのSimplicityを使わせてもらっていたのですが、新テーマCocoonはネット上で「控えめに言って神」レベルで絶賛されている。デモを見てみるととても使いやすそうなので、私も早速ダウンロードして乗り換えました。色々な機能を活用し、ついでに気になっていたヘッダーのカテゴリも整理。小分けしすぎていたのを大きく分類したり。

今どきはモバイルからアクセスしている人のほうが多いから、スマホで見やすくなったのもいいね!と嬉しくなり、嬉しくなったついでにふと思い立ち、半年ぶりにAdSenseに申請をしてみました。

不合格通知はだいたい数時間できます。

申請してからまた弱気になって、どうせダメだよねと、私はメールチェックを怠けていました。AdSense用のアドレスは普段使いのアドレスとは別だったこと、着信通知も設定していなかったため、数日気づかずにいたのです。

おめでとうございます!

と、合格通知のメールが来ていたことを。

目を疑ったし、鳥肌が立ったし、隣で寝ていた猫に両手でつかみかかり、ゆさゆさと揺らしたことを覚えています。

寝てるんだから起こすなよ

AdSense合格通知は、フリーランスで働く私の心の糧

この年になるとあんまり、合格通知をもらう機会はありません。今どきの若い人たちは優しいから、フリーランスになってから人にダメ出しをされたりすることが減り、相手は長所だけを口にしてくれて、厳しいことを言われることも、ほとんどありません。

私はドMじゃないけれど、そうやって感情やしがらみでほどほどに許されていくのは怖かった。フリーになってなおさら、そう思うようになりました。

だからこそ、一定の基準があってそこに来なければ認めない、厳しくなったと言われるGoogleのAdSenseの審査に合格できたのは、嬉しいことだったのかもしれません。

それにしても、なんで今更合格できたのかわからない。コンテンツの質や量が大きく変化したとも思えないし、これはやっぱりテーマをCocoonに変えて見え方が良くなったからに違いないと考えて、作者であるわいひらさんにお礼のメールを送りました。こんな素晴らしいテーマを無料で配布して、無料で使っている人たちのああだこうだいう要望にまで丁寧に対応している方のご苦労を思うと、たとえ見当違いの喜びだったとしても、伝えずに、御礼を言わずにはいられません。案の定「合格はコンテンツありき、テーマのせいではないですよ」ととても謙虚なお返事をくださって、この人はどんな高みの境地におられるのだろう…とますます平伏したくなる気持ちになりました。

コメント欄を付けないブログで、合格通知や「いいね」の数より特別な、嬉しかったこと

誰もが手軽にSNSのアカウントを持ち、自分情報を発信できる時代。検索をかけても、溢れすぎた情報をかき分けて知りたいことについての正しく有益な情報が見つけにくい場合もあるかもしれません。クリックしても「時間の無駄」だったことは、私も何度も経験しています。

SNSでフォロワーがどんなに多くても、紹介しているものがタイアップ、ステルスマーケティングの場合もあるし、誰が素敵で誰が正しいかなんて、フィルターや修正がかかりすぎていてもう定かじゃない。それでも情報は日々溢れているから、SNSは気軽に見て発信して「いいね」する、さらっと流していくものだと私は割り切りました。

このブログにコメント欄を付けていません。つけてしまうと気になって日がなチェックをしてしまいそうなのと、見ず知らずの人から挨拶もそこそこに、「あれを教えて」「これを調べて」と言われるストレスを排除するためです。

そんなわけで、誰がブログを見に来てくれて何を思われるのか、全然わかりません。ただアクセス数をみて、ああ今はこういう情報が求められているんだなあ…と分析する程度。

常にアクセス数が多いのは「空港情報」と、季節ものでは「台風時のまとめ」。カフェのまとめ記事を見てくれる方も多いです。「チョイ住み」の記事が急に伸びると(日本で放送しているんだな)と気づきます。このブログ史上一日のアクセス数が最も多かったのは2018年ワールドカップ、日本代表試合当日の「台北のスポーツバー」の記事でした。

台北桃園空港・松山空港2時間前到着でありがちなこと
出発の二時間前に着いていること。大抵のツアーや個人の旅行でも、この二時間ルールは定番です。しかし台北にあるふたつの国際空港では、その限りではありません。桃園空港、松山空港それぞれの特徴や注意点や、便利な自動ゲート登録について個人の経験からまとめてみました。
夏の台湾旅行・天候や台風、服装、注意点。持ち物リストと便利なサイトまとめ
夏の台湾旅行、台風シーズンの天気や気候、服装、UV対策に台風発生時の状況、注意点とお役立ちリンク集、持ち物リストをまとめました。台湾の夏は長く、酷暑や台風襲来で時々ハードモード。南国の果物が鈴なりに美味しい、素晴らしい季節を安全に楽しみましょう。
「チョイ住みin香港」フォトジェニック旅の光と闇に震え、女子旅のコツを考える
史上最悪と評判の「チョイ住み in 香港」。はあちゅうさんと南明奈ちゃん、香港を背景に見せつけられた「フォトジェイックの無駄遣い」と「女子旅の失敗例」をふりかえり、どうしたら楽しくなるかを考えてみました。誰かのいいねより、自分の中の「これが良い」と「好き」を、たくさん見つけてほしいです。
台湾・台北のおすすめカフェ20選!音楽、リノベ&レトロ、癒しのカウンター、ねこと出会うコーヒータイム
台湾のおすすめカフェ20軒を厳選!「音楽と映画」「カウンター系」「ねこやいぬに会える」「古民家・レトロ」などの4テーマで5軒ずつ、気分で楽しむおすすめカフェのご紹介です。便利な台北カフェマップやショップデータつき。台南や高雄のカフェ情報も。台湾旅行でお気に入りのカフェを見つけましょう。
台北のスポーツバーでワールドカップ2018観戦!10軒MAP有随時更新|台湾でサッカー観ようぜ
World Cup2018大会に備えて、台北で観戦できるスポーツバーをまとめておきます。

旅行者なのか在住者なのか、どんな理由で情報を探して、私のブログにアクセスしてくれたのか。こんなに大勢、台北でスポーツバーを探している人がいることに驚いたし、この記事はサッカーを観たい人たちのお役に立ったようだと実感しました。

利用者情報をつぶさに知りたいとは思いません。でも時々、実体の見えない「どこかの誰か」の存在を、不思議に思っていました。「Google先生に誉められたくてブログ書いてるわけじゃないわ」と内心切っていた啖呵ですが、じゃあ誰のため?と言われても、結局カウントされる数字で見るしかないんだなと。

だから、人づてに「友達が『ブログ見てる、好きだと伝えて』って言ってた」と聞かされると、びっくりして時が止まってしまいます。日本代表の試合当日、大盛況になったスポーツバーのオーナーが「ブログで紹介されたらしい」と喜んでいたという話にも、それは良かったと密かにニヤニヤしていました。

情報の素早さと正確さを切り売りするだけではない何か、そこにこだわって考え考え書いてきたから、言葉にして伝えてくれた生きて暮らしている人の気持ち、ブログから拾った情報で楽しいひとときを過ごした誰かがいたこと知るのは、合格通知や「いいね」の数より特別な、嬉しいことでした。

 

 

 

 

これからも黙々と続けていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。