スポンサーリンク

台南。林百貨。

台北生活

台南が好き。林百貨も大好き。

今日のニュースを見て一瞬、行きにくくなる、近寄りたくない場所になるんじゃないかと不安がよぎりました。

でも、台南で出会った人たちのとびきりのあたたかさや笑顔は忘れられない。やっぱり台南が好きだと改めて思いました。

台南は廟の街。 お供えのお花も可愛く並べられています。

台南は帆布の街でもあります。 大きなミシンで黙々と作業する方たちの様子、物を作っている人の姿を見ると、ほっとする。

 

道を尋ねると、誰もがとてもきちんと丁寧に教えてくれる。北部とはまた違う、台南の穏やかなリズム。

林百貨の前で信号待ちをしている時、バイクでやってきて台湾語で何やら話しかけてきたおじさん。林百貨の建物を指さして、とても誇らしそうだった。

ロケ中のアクシデントで困り果てていた時、電話をかけたらすぐに駆けつけてくれた神農街にあるカフェ太古101のオーナー。夜は系列のバーへロケ隊みんなで御礼しようと押しかけて、オーナーを囲んで遅くまでしゃべって笑って、楽しかった。

4年越しに念願かなって入ることのできたエルヴィスカフェで、オーナーとおしゃべりしたエルヴィスのこと。

「艾維斯咖啡 Elvis Cafe」。Blue moon of Tainan city.気まぐれに開く台南らしさの「エルヴィス・カフェ」|台南のおすすめカフェ
台南、孔子廟近くをぶらぶらしている途中で見つけたこの「艾維斯咖啡 Elvis Cafe」は、エルヴィス・プレスリーの写真やイラストが飾られて、古いタイプのVespaが店の前に停まっていました。

「台北に美味しいものってあるんですか?」とどや顔で尋ねてきた女の子。

「ま、普通かな」と台南人はドヤッた。高雄・台南 高鐵パスで日帰り旅行
11月の爽やかな秋晴れの日、高雄と台南を一日でちょこっと巡りしてきました。

美味しいものはたくさん。素晴らしいカフェもたくさん。

台南の朝ごはん「阿嬤碳烤三明治」。おばあちゃんの炭焼きサンドイッチ
別に飛び上がるほど美味しいわけじゃない。でも、日差しが強くなる前に廟の合間を抜けるように散歩しながらここにたどり着いて、炭火でパンに焦げ目がつくのを眺めている台南の早朝のこの時間が、とても好きです。
好室好事|台南30℃。熱中症対策南国仕様は、フレンチトーストと黒糖ラテと笑顔
台湾・台南のおすすめカフェ情報。端午節連休あけの台南はお休みのお店が多く、人もまばら。30℃の快晴の街を歩いているうちに頭痛がしてきたので不安になり、通りがかったカフェで休憩。二階にも室内のテーブルがあるらしいけれど、日陰だと風があって気持ちが良いので、道路に面したアウトドアの小さなテーブルに。黒糖ラテと、フレンチトーストを頼んでみました。
果核抵家 Maison the Core|赤崁樓近く、裏路地の廟のとなりにモダンなリノベ系|台南のおすすめカフェ
真夏の台南、赤崁樓近くで偶然たどり着いたカフェ 3人旅の途中、赤崁樓を詳しく観たい友達とわかれて、もうひとりの友達と私はカフェでひと休みすることにしました。でも、スマホで調べて近くにあるはずの目当ての店が見つからず、次の候補は満席だったり...
窄門咖啡|台南・孔子廟から吹く風が、真夏日も心地よいカフェ
台湾・台南のおすすめカフェ情報。台南でどうしても入りたかった店がまたしてもお休みという現実に打ちひしがれて、炎天下ふらりとなり、人びとが狭い路地に肩を差し込むように入っていくのを見て、私も薄暗がりに吸い込まれていきました。
神榕147|台南・神農街、ガジュマルに守られる民宿のカフェ
台湾・台南のおすすめカフェ情報。おじいさんが残した古い家屋をリノベーションした民宿兼カフェ。ガジュマルの樹が4階の屋根の上まで伸びて、この場所を抱くように、守ってくれています。 台南で飲むコーヒーは、どこもかしこも美味しかった。 ここでも思わず、「豆は売ってもらえますか?」と聞いたほど。

成功大学のがじゅまるの木は神々しくて、そばに近寄るだけで清められるような心持ちになりました。

1923年に、当時皇太子だった昭和天皇が植樹されたガジュマルの木。

次に林百貨へ行ったら、ロゴ入りのものを買おうと思います。

 

 

何もひるむことはないです、台南が大好きだから。

近いうちに、ごく近いうちにまた出かけようと思います。

 

 

台南は三毛ちゃんが多かった

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。