台北のおすすめカフェ ピックアップ

ブログで紹介したカフェの中から、とっておきの20店をテーマ別・地図つきでご紹介

「台北カフェ TOP 20」 へ

洪瑞珍三明治 差し入れに嬉しかった台中名物サンドイッチを探して

台北生活

仕事中、差し入れにいただいて嬉しかった「洪瑞珍」のサンドイッチ。薄いパラフィンにくるまれたシンプルな三角が可愛い。4段重ねの薄切りパンの間に3段具が挟んであるので、初めて食べるときは「どこでふたつにわかれるのか」悩みますが、4枚重ねでそのまま元気に食べました。

台中に本店を持つ「洪瑞珍」、設立は1970年で、もともとお菓子を作っていたところ、1981年にオリジナルのサンドイッチを作って売り出し、人気が出たのだそう。

台中は台湾の菓子処だけあって、色々な名物が出てきますね。

台北にあるのは台中本店の二代目が開いた北部本店なのだそう。重慶路が本店で、台北駅前の忠孝西路を新光三越側から少し北門方面へ歩くと、小さな路面の「忠孝店」がありました。

カウンターだけの、とても簡単なお店。ひっきりなしに人が訪れ、パッケージを店員さんがショーケースに入れるそばから売れていきます。

久しぶりに食べてみましょう。

日本人が「海外でぎょっとするシリーズ」のひとつに、「マヨネーズが甘い」という項目はゆるぎなくランクインしていると思います。

酸味のない、ホイップクリームに近い白いものを「マヨネーズ」と言われても「うそだあ」と思うし、刻んだ野菜にこれでもかと「白いマヨネーズ」を投入して混ぜただけの、コールスローとも違うなにかを

「野菜サラダを召し上がれ」

と差し出され

「やめてえええ」

と悲鳴を上げたことがありました。

久しぶりに食べた台中式サンドイッチは、バターの代わりに使う甘いマヨネーズがふわっとしたアクセント。

滿漢三明治(ハム、チーズ、たまご)

でも、あれ、こんな味だった?とちょっと首をかしげました。

慌ただしく働いている最中に誰かがおやつに差し入れてくれるたびに「これ美味しいよねー」と感激したけど、家でぼーっとしている時に、小腹が減ったとひとりで食べてもつまらないのかなあ…。

でも、まい泉のカツサンドはひとりで食べてもみんなで食べても美味しいし…。

もしかしたら、今までいただいていたのは「台中本店」から取り寄せていたもので、私が今回食べたのは「台北本店」の味だったのかもしれない。わからない。本店のものと比べてみなければ。

台中 中山店:http://www.22268127.com/

台中 自由路店:https://www.hrjcake.com.tw/

しかし台中といってもサイトが分裂していて、どこも他店とリンクしていません。良く見ると台中中山店は「正宗」を名乗っていて「支店はない」と書いていたり…

「これは台湾あるあるの、売れたら本家と分家がもめだす問題かな」と思ったら、案の定。洪家の跡継ぎの間で分家だ商標だと問題になっているそうです。

商標糾紛?名三明治店爆分家!5洪瑞珍店面改名洪家手作

https://news.tvbs.com.tw/life/972869

1984年には分家していて、それぞれ味も違うのだとか!

では、私が差し入れでいただいて「美味しい」と思ったのは、一体どの店のものだったのでしょう。

美味しかった台中のサンドイッチを探す旅に出るかなあ。

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。
台北生活台湾あるある
スポンサーリンク
この記事をシェアする
mimiをフォローする
台湾のねこはカフェやバナナで眠る