スポンサーリンク

iPhone7、台湾では中秋節の真ん中に

台北生活

台湾、iPhone発売で初めての一次グループ入り

これまで台湾はiPhone発売の一次販売グループに入ったことがなかったので、最初が9月ならこちらは年末か旧正月かなーと呑気にしていたらこのたび初めて一次販売国になったということで割と盛り上がっているみたい。

でも、私が契約している通信会社では予約受け付けず、現地販売のみですって。
家のすぐ近くにお店はあるけど発売は中秋節連休だし、特に何が興味深いなど今すぐ欲しい!とときめく感じでもないので今の6でしばらくいいかな、と様子見。
誰かが買うだろうから見せてもらって、「うおお」となったら改めて検討しようと思います。

iPhone5の時は予約をしたら、発売日の前日に電話が来て、明日!取りにおいで!いつもより早く、朝8時に店開けるよ!と教えてもらい、えっもういいの?といそいそ、すっぴんにサンダルひっかけて行ったな。
その前の4の時は、数日か数週間待ったから。

偶然、日本語が出来るお兄さんが担当してくれて、私の個人情報をモニターで見ながら

「きみのー国籍登録がー間違ってます。日本に直しますー」
「どこで登録されてたんですか?」

君と呼ばれたのが面白かったので笑いながら聞いたら、
「タイです。」
タイ・・・どこをどうして間違えたんだろう。

でもその5はある日プチ爆発というかディスプレイが本体から浮いてしまって、周りでも同じ現象がみられ、丁度6が出たタイミングで店頭にも在庫があったので買い替えタイマーが仕込まれていたのかなと思う。
6に買い替えるか、台湾に住んでいるのだからここはhtcにするかでも随分悩んで迷った。台湾人で使っている子にどう?どう??と聞くと
「・・・アップルにしたほうがいいよ・・・」
と寂しく答えられることが何度かあり、愛国心より便利さかと愕然としたり。

見た目だけなら当時のNOKIAのLumia640にもすごくひかれて、普段いかないエリアのNOKIAへ遥々見に行ったりもした。でも、今まで使っていたアプリに対応できるんだろうかWindows仕様に移行がうまくできるだろうか、周りに誰も使っている人がいないから尋ねることができないことに怖気付き、友達とLINEグループで散々OSがどうの面倒くさいから冒険しなくてもーそうよねーと慰めあい、迷った時間がアホのように、アップルで継続したんだった。
多分次はもう、迷わないと思う。悩む時間が面倒くさい。結局冒険しないんだから。

今は中秋節のカウントダウンで、月餅を求める人が朝早くから物凄い行列を作り通りが埋もれているけれど、例年中秋節に入った途端に人々は帰省や旅行で出かけ、お菓子屋さんもお休みを取ってぱたっと静かになっていた。今年はiPhone7に並ぶ人でごった返すのかしらん。

カバーにサインをしていただいたので、手汗でにじまないようにカバーかけたね。懐かしいね。

iPhoneケース Kate Spade

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。