台北生活の日記

「美人アスリート」や「オカマちゃん」ひとをうわべでカテゴライズして呼ぶ「クリエイター」はそっとリストから外す。

ある人がアスリートの紹介記事に「美人アスリートの〇〇さんです」と書いたのを見て、驚いた。
私だって人を見て、美人だな、イケメンだな、と思うことはある。でも、その人のことを誰かに話したり記事に書く機会があっても、イケメン先生、イケメンアスリート、イケメン作家、イケメン銀行員、イケメン店員とは書きにくい、そこじゃないだろと思う。
美人作家、美人アスリート、美人の受付嬢、なんて言い方も気持ち悪い。そんな風に言われた人は大抵居心地よくなさそうにするし、そもそも美人であることと、彼女の実力、キャリアはほとんど関係がない。だから私はルッキズム云々の前に、見た目のことは書かないし言わない。紹介したいポイントはそこじゃない。
ごくまれに、非常に容姿端麗で「あなた、素人じゃないね?」という感じの人がやってくる。その人の今のことを聴きつつ、前職でモデルだったとわかるとなるほどと思うし、その人のキャリアの一部として記事の中で紹介する。読者も写真を見て「このひと、一般人じゃないでしょう?!」と気になるだろうから、そこで疑問を解消しつつ、現在のキャリアの話しにつなげる。

 

イケメン、美人と人様のことを言ったり書いたりできる人は、容姿もその人の特徴として「誉めている」つもり、きっと悪気はないんだろう。
「綺麗な人をそのように形容して何がいけないの?」
そうだよね、一般のひとなら、もしかしたら許されるかもしれない。
でも、クリエイター、モノを書く人が見たものを見たままにそれをやったら「2021年の秋にもなって、まだそんなこと言ってるの?」
と呆れられるだろう。
「あなたその程度っすかァ」
と、私は読むべきリストからその人を外す。

 

BLドラマにはまったと公言しているクリエイターが、ドラマに熱中した勢いで感想をまき散らし、ある登場人物について「オカマちゃん」と書いた。
そのキャラクターは、男子の容姿で乙女チックな言動。昔の言葉で言えば、男のくせになよなよした、オカマなのだろう。
でも、あのキャラクターの愛おしさ、健気さ、賢さやモノをいう勇気を見ていたら、「オカマ」とは呼ばない。そのセンセイ、ご丁寧に「ちゃんづけ」しているところがまた、対象を可愛く呼ぶことで書き手の自分を柔らかく見せる、姑息な古臭い手法でやだやだ。
私の周りでそのドラマを見ていた友人は誰一人として、彼を「オカマ」とは呼ばなかった。ファンというほどでもないいち視聴者の友達も、キャラクターの名前にちゃんづけで呼ぶ。

 

現実であろうと架空の人物であろうと、「美人/イケメン+職業」だのオカマちゃん」だの、うわべでカテゴライズして誉めている、愛でているつもりの感性には、相容れない。それはルッキズムやLGBT+への配慮云々なんで、小賢しいものではない。空気を読むとか、時代や、もしくは誰かへの忖度でも、意識の高さでもない。ただ普通の尊重、普通の礼儀じゃないかな。

 

■当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

■Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

■本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|