メイドイン台湾とお土産

台湾で枇杷膏や青草茶 旅行中の体調を整えましょう

旅行中に心配なのは、胃腸や体調の管理。思いっきり旅を楽しむための、台湾で手軽に手に入るお助けアイテムを紹介します。

 

環境や行動パターン、食べるものが変わるせいか、日ごろ問題が無くても旅行中は便秘がちになったり、排気ガスの影響でのどを痛める方も多いようです。

私も、同じ台湾内でも台北以外の場所へ泊りがけの仕事で行くと、お腹の調子が悪くなりがち。カラオケを歌ったわけでもないのに、急に声が出なくなったこともありました。

そんな時は、台湾のどこでも手に入れやすいアイテムで調整しています。今回は、日本でおなじみの安心アイテムから現地ならではものまで、メモしておきます。

 

全家(Family Mart) 伊藤園の青汁とヤクルトで快腸

 

ヤクルト(養樂多)は普段から、毎日一本飲みます。食後に、室温に戻しておいたものをゆっくり飲むと調子が良いらしい。一本10元でばら売りをしている台湾だけでなく香港やベトナム、日本への一時帰国の時もコンビニで手に入るから、空き時間にさっと購入しておきます。

台湾ヤクルト(養樂多)公式

先日の高雄出張では、「Family Mart(全家)」で「ごくごく飲める青汁」も一緒に買いました。台湾ファミマ、「伊藤園」の商品を見つけやすいですね。日本から来られる方、異国の地でいきなり現地ものに挑戦するのが心配なときも、おなじみのブランドは安心感があると思います。

その名の通り、さらっとして飲みやすかった。青汁といっても色々あるのねーと特にその時は特に気にしなかったのですが、胃腸に効き目がありました。
ヤクルトとの相乗効果だったのかな?
そういえば台湾にはヤクルトをブレンドしたドリンク類が結構あります。「〇〇樂多」と名付けられた商品は、その可能性大。

 

台湾スタイルの「青草専門店」で本気の青汁・アロエ汁

 



台湾に来たなら本場の漢方も試してみたい。でも診察したり、錠剤や粉など本格的な購入までは…と二の足を踏んでいる方は「青草」と看板を掲げるお店やスタンドのドリンクでトライしてみましょう。私のおすすめ2軒はこちらです。

一兩十錢青草舖(通化街)

漢方薬局のテイストがモダンなハーバルティーショップ「一両十銭青草舗」

 

「一兩十錢青草舖」は通化夜市に近い住宅街の漢方ドリンク専門店。漢方に長年携わったオーナーが、その日の状態や気分、どうなりたいかを聞いて、適したドリンクを勧めてくれます。

漢方ドリンクの種類やサイズはとても豊富。英語でコミュニケーションもOKなので、気軽に質問してみましょう。

 

いきなり買うのは不安なものだけれど、必ず試飲させてくれるので安心。とても親切なオーナー、ひっきりなしに訪れる地元の方たちの

「ダイエット中なんだけど…」
「昨夜飲み過ぎた―」
「火鍋や焼き肉を食べて体が熱もってる」
「ちょっと濃いめで」
「あんまり熱くしないで」
「冷たすぎないで」

聞いているだけで気が遠くなりそうな細かい顧客の要望に、颯爽と暖かく、とても楽しそうに対応していました。

前日ちょっとお酒を飲んだので、この日私は「夜猫養生茶」の中瓶(80元)に。夜猫は「夜更かし」のこと。遅くまで仕事をしたり遊んだりした身体の調子を整えてくれます。

こんなおしゃれなお店なら、旅行者にも行きやすくて安心です。21時まで営業しているので、ちょっと風邪気味の方を夕食後にここへ案内したことがあります。温かい漢方茶を一杯飲んでホテルに戻りゆっくり休んだら、翌朝はとてもすっきりしたお顔になっていました。通化夜市も近いので、夜市散策のお供にしても良いですね。

通化街を「福德宮」のゲートの路地に入って行けば、右手に「一両十銭青草舗」。

 

パックも販売しているので、日本へのお土産に。

 

オリジナルの漢方の虫よけや、アロエのスプレーもありました。

 

 

一兩十錢青草舖 Taiwan Herbal Tea Shop
住所:通化街39巷24號1樓
電話:02 2784 0983
営業時間:10:00~21:00 無休
公式サイト:Facebook

 

正發青草舗(民樂街)

この外観にしり込みするか飛びつくかは、自分の直感に身をゆだねましょう。

 

台北にはいくつかある「青汁街」、老舗と言えば迪化街のすぐ近く、花布の購入で人気の「永樂市場」脇に出る「正發青草舗」。

この看板を初めて見た時、「好きです!」とお店のご主人にすぐアタックしました。他にもいくつかお店はあれど、ついフラフラと引き寄せられてしまいます。
私はここではいつも、「アロエ茶(蘆薈茶)」(30元)。

ふっくら瑞々しいアロエの、皮も使っているのだそう。蜂蜜のほのかな甘み、青臭さもなく日差しの強い夏の台湾にぴったり。

搾りたてのアロエ茶(蘆薈茶)一杯30元。大きな業務用のクーラーボックスで冷やしています。

 

体調によっては「大変効き目がある」「即効性マジで半端ねえ」場合もあるので、その後の行程のお手洗いの場所をチェックしておきましょう。

 

正發青草舖 Uncle Chien Herb Tea
住所:台北巿民樂街63號前
営業時間:7:30~19:30
公式サイト:Facebook

 

上記二軒はPOPEYE2019年4月号「台湾CITY GUIDE」でも紹介しているので、誌面でもぜひご覧ください。

 

「新ビオフェルミン(新 表飛鳴)」は台湾でも定番の整腸剤

 

日本人にはなじみ深い整腸薬「新ビオフェルミン(新 表飛鳴)」も、台湾各地にある「ワトソンズ(屈巨氏)」や「COSMED(康是美)」などのドラッグストア、薬局でも手に入ります。
食あたりなどの不調時は服用を避けますが、「なんかな~…」というモヤモヤした感じの時には便利です。

新ビオフェルミン公式

ロゴやパッケージも日本のものと変わりないので、お店で見つけられない時には店員さんに画像を見せれば、すぐ探してくれます。

いずれのアイテムも、お腹がゆるめの方は負担がかからないよう、一度に大量に摂取せずに、少しずつで様子をみましょう。

のどケアに「川貝枇杷膏」のチューブ式シロップ

 

日本でも声優さんやイベントでMCをする方が愛用している「京都念慈庵 川貝枇杷膏」。瓶タイプのほかに、小分けのチューブ入りのものがコンビニやドラッグストアで購入できます。

「人間用のちゅ~るが欲しいんです」

台湾での撮影でご一緒したグラビアアイドルの方に言われて、戸惑いました。猫用ちゅ~るに関してはずいぶん研究した私も人間用は初耳だった。「チューブ式枇杷膏」のことだったのね。直接吸い上げるスタイルが「ちゅ~るっぽい」感じなんだとか。

面白い発想だーと気に入ってしまい、それからは見かけるたびに「人間用ちゅ~る…」とほくそ笑んでいます。

京都念慈庵枇杷膏 無糖。スティック入り

写真の「京都念慈庵枇杷膏 無糖」は9本入り、スーパーマーケット「全聯福利中心 PX MART」で112元でした。店舗にもよりますが、お菓子やキャンディのコーナーの近くで発見。コンビニでは健康系のコーナーで5本入り59元を見かけます。

京都念慈庵公式サイト(日本語)

 

「猫はちゅ~るが大好きみたいだけど、人間用はおいしいの?」

と聞かれました。
「無糖」でもほのかな甘みはあります。美味しくてヒトまっしぐら、にはならないけれど、不味くもない。のどのためと思えば受け入れられます。

正統派は「スプーンですくって口に入れ、ゆっくり飲みくだす」のだそう。台湾では、お湯で割って飲む人も多いそうです。いずれにしても、枇杷膏を摂取するときには「水分を補給する」ことも忘れないようにしましょう。

 

ちなみに私がのどのために愛飲しているのは、メイドイン香港「關小姐」手作りシロップ。これは香港で購入しています。

香港漢方のおしゃれなチャイニーズレモネード。手作り無添加の「關小姐の老陳皮冰糖燉檸檬」話す仕事をしている香港人の友達が紹介してくれた「關小姐」の「老陳皮冰糖燉檸檬」陳皮とレモンを氷砂糖で煮詰めたシロップです。水や白湯にまぜれば、チャイニーズ・レモネードの出来上がり。手軽に香港漢方を取り入れることができ、無添加手作りだからお土産にも安心。なにより美味しいからわたしも大好き。その効果と使い方、購入場所をご紹介します。...

 

どんな良いものも「過ぎたるは及ばざるがごとし」。程よく取り入れて、楽しい旅のサポートに役立てましょう。

台湾に持ち込める薬品の制限についても、下記の関連リンクでご紹介していますのでご参考にどうぞ!

 

ABOUT ME
mimi
ライター/コーディネーター。長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。台湾、香港、ベトナムなどで活動をしています。 詳細と連絡先はこちらをご覧ください。