香港

香港・珍寶(ジャンボ)の思い出は「Get Wild」や「世界ネコ歩き」にも

photo:jumbokingdom

香港を離れたジャンボ・キングダムが、沈没。

香港仔のフローティング・レストラン「珍寶海鮮舫」が港を離れ、どこかへ曳航していったのは2022年6月14日のことでした。
普段は行きもしなかったくせに、そこに居なくなったからと、私も慌てふためいた。

 

私がジャンボに初めていったのは多分、初香港旅行でツアーに組み込まれていた行程。がっちゃがちゃで賑やかで、点心はたいして美味しくもなく、「見たことのある場所に来た」だけの感想でした。
香港で暮らした20年の間に、いったのは数えるほどだと思います。仕事で嫌々何度か、香港へ旅行に来た友達が行ってみたいというから嫌々何度か。誰かと誘い合って「今日はジャンボで飲茶をしよう」と楽しみに出かけたことは、一度もありませんでした。コロナ禍で海外からの観光客もいず、長く休業したのも「まあ仕方ないよね、観光用の水上レストランだし」と、ニュースを眺めてた。誰かが何とかしてくれるものだと、思い込んでいた。だから沖へ曳かれて小さくなる船の影を見て、呆然としました。

 

今日、そのジャンボが海に沈んだと、再びニュースになりました。
何かが壊れたり、崩れたり、流されたりするのを見聞きするのは良い気持ちはしない。あの船が海に沈んだ。なんでじゃ。風が吹いただと?わざと沖まで引っ張って、人気のないのを見計らって沈めたのか。大っぴらな投棄なのか。

探せば見つかるかもしれないけれど、私は手元に、ぱっと思いだす、ジャンボで撮った写真がありません。香港は町中に、あちこちの店に、笑い転げたり激怒したり泣きながら歩いたり、様々な感情の道標のようなものが置いてあるけれど、ジャンボには何の思い出もありません。
友達は、家族旅行の思い出があると言っていました。
別の友達には、あんたが連れて行ってくれたのよ忘れた?と叱られました。そうだっけ?全然思い出せない。

 

私が覚えている珍寶は、TMネットワーク「Get Wild」のMV。夜のサンパンに乗ったTMネットワークの3人、その後ろにぼうっと浮かぶ珍寶のオレンジ色のネオンサイン。1987年の4月に撮影されたものでした。2020年にはBlu-ray化され、さらに鮮やかに、あの当時の香港の街が蘇っています。
「悲しくおどけていたね」と「It’s my pain」の間のタンタンタンで数秒差し込まれる映像に、在りし日のジャンボ・キングダム。

ぜひYoutubeでフルバージョン確認を。

 

 

それから2017年のNHKの番組、岩合さんの「世界ネコ歩き」も。小さなボートに飛び乗った勇ましい猫の背景に、大きな珍寶の船体が流れていく風景が素晴らしかった。

NHKオンデマンド:岩合光昭の世界ネコ歩き 「香港」
2023年3月28日まで購入、視聴可能です。

 

香港に暮らす人や旅をした人なら、あのジャンボが沈んだ衝撃を、それぞれの思い出に重ねて受け止めてるでしょう。「ジャンボ知らん。ピンとこない」という人には、どう説明したらいいだろう。
東京タワーが寂れて引き取り手もなく、大きなクレーンでつまみあげられてどこかへ移動させられる。もう遠くまでいって見えなくなった頃、東京湾の沖でうっかり沈めてしまった……とか。
シン・ゴジラを観た人になら、無人在来線爆弾を思い出してほしいと伝えます。見慣れた、何度も乗っている在来線が捨て身でゴジラの身体を駆け上り、雄たけびを上げる巨体とともに、レンガの東京タワーを崩しながら倒れていく。私はあの場面を観るたびに、うぅと泣き声が出てしまいます。
ジャンボが沈んだのは、あの気持ちに少し似ている。ずっと知っていて、あるのが当たり前だったから。
シン・ゴジラは、いい大人が創作したエンターテイメントでした。
でも沈没した珍寶は、もうエンターテイメントではない。
あんなにアホみたいに光り輝いていたのに、もう香港にはいられなくなったうえ、遠くへ行く途中の海に沈んだのが、とても寂しい。とても悲しい。

 

香港「ジャンボ・キングダム(珍寶海鮮舫)」水上レストラン 新型コロナウイルスの影響をうけ、営業停止香港の水上レストランはジャンボ・キングダム「珍寶海鮮舫」は新型コロナウイルスの影響をうけ、3月3日から営業を停止。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|