台北のおすすめカフェ ピックアップ

ブログで紹介したカフェの中から、とっておきの20店をテーマ別・地図つきでご紹介

「台北カフェ BEST 20」 へ

台湾のライチジャム。豊穣を司る花の女神「FLORA」

台湾土産と名産品

瓶の中から、本物のライチが香る

 

「一年のうち65日は玉荷包ライチの育成や出荷、残りの300日は他のことが出来ます」

高雄の芳境農場三代目、玉荷包ライチの達人と呼ばれる許倫肇さんは言いました。

新鮮なライチを収穫し、食べることが出来るのはとても短い期間だから、ライチの味や香りをいつでも楽しめる商品づくりを、許さんは研究していました。前回ご紹介した冷凍ライチの他に、世界に通用するライチ加工品の開発に力を注いでいます。

ライチとローズ、マルベリー。「FLORA」は台湾の花と豊穣を司る花の女神のジャム

ライチをたくさんいただいて、食べきれずにジャムにしたことがあります。結果は失敗でした。台湾の美味しい果物を使えば、素材の良さでそこそこ美味しい、時には「我、天才也。」と自画自賛したくなるジャムが出来るもの。なのにどうしてライチは色も見た目もどんよりとしてしまったのでしょうか。

芳境農場のライチジャムは、意外にも紫色でした。バラのつぼみとマルベリーの個性が強く感じられる色合いです。
「どうしてライチだけで作らないのですか?」
あれだけ玉荷包ライチに強い思いがあるのに、不思議に思って尋ねました。
「ライチだけでは、ジャムは良い香りにならないんですよ。ちょっと生臭いような……あまりいいものになりません」

私は膝をぽんと叩き、自分が失敗した手作りライチジャムのことを話しました。許さんはにっこり笑ってそうでしょうと言うと、芳境農場オリジナルのジャム「FLORA」を紹介してくれました。
「一口食べると、バラの香りがふんわりと感じられます。そして、マルベリーの食感。最後に、ライチの香りが現れますよ」

許さんの説明は、まるでワインや香水を語るよう。そんなドラマチックなことが、ジャムにも起きるのでしょうか。

いただいたジャムを、メイドイン台湾のオーガニックヨーグルトを水切りしたものに乗せてみました。白と深い紫色の調和が綺麗。

私は薔薇の香料が苦手で、ローズ系のハンドクリームも使えません。でも本物の薔薇の香りは好きで、初夏の夕方に咲いている薔薇を見つけて鼻をフンフンするのが小さな幸せ。

この「FLORA」には、そんな自然な薔薇の香りが感じられました。マルベリーの実の柔らかい食感がアクセントになり、最後に口の中に玉荷包ライチの爽やかな甘い香りが現れます。何もかもが確かに存在して現れたのに、うっとりしている間に消えてしまって、ちょっと呆然とする。だからもう一度会いたくて、花と、畑の中へとその姿を探しに行く。「FLORA」は花の女神そのものでした。

許さんは「豆花に乗せても美味しいですよ」と教えてくれました。無糖の、素材の味を楽しめるプルプル系デザートに合わせて楽しめます。紅茶に添えても良いのだけれど、そのまま食べるのが一番贅沢みたい。防腐剤や着色料は使っていないので、開封したら早めに召し上がれ。

台北の店先で手軽に買える有名なジャムは沢山ありますが、まだまだ知らないもの、安心で美味しいものが存在しているのが嬉しかった。「FLORA」は1瓶170g入りで350元。台湾フルーツジャムが好きな方なら、絶対に試してみるべき一品です。私も今度のお土産や贈り物にするつもり。オンラインショップで購入できるので、台湾在住の方は勿論、旅行で来られる方も問い合わせをしてみてくださいね。

オンラインショップ【芳境合作社】芙洛拉果醬_玉荷包桑葚玫瑰口味1瓶(每瓶170G)

短い期間しか流通しない玉荷包ライチの風味と味わいを瓶に詰めて、一年中その味を楽しめるように、世界中の人へ届くように。試作と研究を重ねて商品づくりを続ける玉荷包ライチの達人の自信作は、まだ生のライチを知らない人びとにも届いています。長い夏のあいだのほんの僅かな期間だけ実る玉荷包ライチはそんな人たちにとって夢の果物。台湾・高雄の誇り、人びとの宝物です。来年はどんな実が生り、次にどんな商品が生まれてくるか。玉荷包ライチの達人の背中に期待しましょう。

芳境農場

電話:07-6651437/0915-900915
FAX:07-665-1068
高雄市旗山區旗南三路232之16號
a25882043@yahoo.com.tw
URL:http://yuherpau-litchi.com/

翡翠のようなライチのために、ネイルを落とす10日間。台湾玉荷包ライチ農場と仕分け見学記
台湾南部・高雄の玉荷包ライチ農家に伺って、ライチづくりのお話を聞きました。 暑かった。青空の下で透き通るライチは、一年に一度、ほんの短い時間だけで会える宝物のようでした。

 

※初出:Taisuki.Cafe

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。