台北生活の日記

台北の年末年始。

台北の大晦日と元旦は小雨交じりの曇り空で寒かった。
日本からの旅行者はどっと増えたものの、台湾は大晦日まで通常営業。台北101周辺のカウントダウンイベントで交通規制があるので、路線の人は巻き込まれないように手を打って早く帰る。

大晦日は友達と近所で昼食をとり、路地裏のカフェで古風なコーヒーとケーキとともにおしゃべりをして、夕方には解散。紅白が始まるまでに年越しそばの準備をする。

ここは絶対日本人には見つからない…つまり内緒話に適しているので、秘密の花園と名付けたい…コーヒーもレモンケーキも美味しい…

去年の紅白はラグビーやゴルフなどスポーツ選手をフューチャーしていたので、背景に試合の様子が流れることが多かった。そのたびに、海外では放送権の関係で、静止画像になる。日本で観ている人が大多数なのだろうけれど、レコード大賞受賞曲を子供たちが英語で歌ったり、世界各地のAKBグループ代表がそれぞれの言葉で歌ったり、「世界に」というわりには海外視聴者は「おあずけ」喰らう場面が、今回はことのほか多かった。それを友達とSNSで愚痴り合う。

スポーツの場面は権利で守られているから仕方がないとしても、それを背景にして歌うアーティストの表情まで「静止画」で隠されてしまうのは興ざめだったなあ……。今年は東京オリンピックだし、2020年の紅白も「おあずけ」が多いんだろうか。とちょっと複雑な思いで、紅白鑑賞はなんとなく終わった。

画面がゆく年くる年の除夜の鐘に切り替わる。日本ではカウントダウン、時差のある台北でも、気の早い花火の音が近所から聴こえてくる。

そんな感じの年の瀬でした。

元旦を挟んで、今日1月2日の台湾は通常営業。昨日までとは打って変わり、穏やかな良い天気。

今年は春節休みが1月23日からなので、日本の年末年始休みと春節休みの短い間隔の中に、新年会と忘年会、仕事はじめと仕事納めが詰まっている。だから私も今日は早朝から仕事。日本が休みの間に、あれもこれも、片付けておかなければ。

一段落してから出かけた今年初めのジムは、いつもより少し人が多い感じ。でも、特に「新年快樂」などの挨拶はしないし、聴こえても来ない。

暖かくて気持ちが良いので、まっすぐ帰るのももったいないような気がしてカフェに寄る。半そでの人たちが歩いている。冷たいカフェラテ。

 

しばらくぼーっとして、散歩している猫を眺め、会計の時にわりとクールなオーナーバリスタから「新年快樂」と笑顔で言われた。

いつもわりとつっけんどんなジムのカウンターの人たちも、今日はにこやかだったような気がする。台湾は旧暦の春節重視とはいえ、やっぱり新しい年の始まりは、みんな気持ちが良いんだね。

 

常に気持ちが良い猫。

View this post on Instagram

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|