台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

台湾からシンガポール、隔離免除に。「航空通行證」や追跡アプリがコロナ後の海外旅行モデルに?

シンガポールが台湾からの入国規制を緩和、条件付きで隔離免除に

 

シンガポールの入国対策は、コロナ後の新しい海外旅行モデルになるのかもしれません。12月18日より、台湾からの短期滞在について、条件が適合すれば隔離免除にすると発表されました。オンラインでの通行証申請、滞在中に必要な追跡アプリなどをまとめます。

台湾からシンガポール 隔離免除の条件

新加坡18日起 開放台灣短期旅客有條件入境免隔離
の報道内容と、シンガポール入国管理局のATP台湾の項目をあわせて確認した流れは下記の通り。

台湾からシンガポール 隔離免除の条件
  • 出発前7~30日内に「シンガポール入国管理局」のオンラインで「航空通行證」(Air Travel Pass, ATP)を申請する。シンガポール短期滞在のATP申請が可能な国や地域の一覧
    https://safetravel.ica.gov.sg/atp/overview
  • シンガポール到着前14日以内に他国への旅行記録がない
  • 台湾から直行便でシンガポール入りする
  • シンガポール到着後ただちにPCR検査を受け、陰性であれば自由行動が可能、隔離検疫は必要なし
  • シンガポール政府がリリースした接触追跡アプリ「Trace Together」を持参のデバイスにダウンロードし、シンガポール滞在中は起動しておく
  • 2020年12月18日より有効。

しかし台湾は、12月1日から「秋冬プロジェクト」で水際対策も強化したばかり。海外からの入境時には、原則として搭乗3日以内のPCR検査陰性証明と、到着後14日間の隔離検疫が必要です。
準備万端でシンガポール入り、自由行動ができても、台湾へ戻る前にPCR検査、戻ったら隔離の準備が今はまだ必要になります。

コロナ後の旅行は、シンガポールモデル

ATPを取得、入境時にPCR検査、滞在中は追跡アプリ起動。
この流れがこれからの海外旅行のモデルになるのかもしれません。昭和や平成の初めころまでどこへ行くにも大使館やらお役所にビザを取っていたことを思えば、オンラインやアプリで出来るならちっとも面倒ではありません。
個人情報保護は気になるところだけれど。

台湾当局はシンガポールの隔離免除に歓迎モード


台湾の外交部は今回のシンガポールの措置に感謝の意を表明。今後の両国間のトラベルバブルの可能性も、コロナ感染状況を見極めながら検討していくそうです。「台湾とシンガポールの間には貿易、投資、文化、観光など様々な交流の長い歴史がある。新型コロナウイルスの感染拡大で医療用マスクの需要が緊迫した時、台湾はシンガポールに優先的に医療用マスクやN95マスクを寄贈した。防疫に国境はなく、台湾とシンガポールはともに肩を並べコロナと戦っている」
のだだそう。台湾の市中感染抑え込みが評価されたことを喜んでいるようです。
しかし日本が台湾からの入境者隔離免除にした時は
「よそはよそ。うちはうち」
とわりと固い対応でした。
もちろん、今回も台湾側がシンガポールからの入境の隔離免除をするわけではなく「よそはよそ、うちはうち」なのは同じ。でも、市中感染が減少傾向のシンガポールと、燻り延焼している日本とでは、反応も異なるのは仕方ないですね。


コラムを書くに当たり、「シンガポール」で画像フォルダを検索しても、出てくるのは「星洲炒米」ばかりでした。現地では「シンガポール風カレー味の炒めビーフン」は見かけないという噂を聞きます。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|