台北生活の日記

「新年快樂」が飛び交う台北の昼と夜

旧暦の年末。昨日は昼間から夜にかけて、台北の街のあちこちで

「新年快樂」

の声を聴いた。

「新年快樂」は「あけましておめでとう」だけでなく「良いお年を」を兼ねているので、年明け前の挨拶にも使うことが出来る。

 

買い物に行った先や、取材したお店。年明けの仕事の予定を確認する電話でも、「新年快樂」と声を掛け合うと、何もかもうまくいくような優しいエネルギーをやりとりしているよう。昨日は仕事納めの会社も多かったらしい。黄昏の台北101オフィスから出てきた人たちが、同僚らしきひとたちと「新年快樂」と声を掛け合っている。みんな笑顔で軽やかに、楽しそうだった。

 

昨夜は毎年恒例の飲み会の後、店から駅までの道で、座り込んでおしゃべりする、若い台湾人のグループを見かけた。寒気がゆるんだ暖かい年末の夜。楽しいんだろうなあ。可愛らしいなあ。思わず「新年快樂」と声をかけると、グループの子達は一瞬おどろいたあとで笑顔になり「新年快樂!」と手を振ってくれた。私たちは楽しくなってしまって、駅に行くまですれ違う見知らぬ人、ベンチでぼうっと座っている人たちにも「新年快樂」と声をかけた。誰もがちょっと驚き、でも必ず「新年快樂」と笑顔で返してくれた。

 

何年か前の春節に一時帰国した時、新橋で飲んだ。テーブルの対応をしてくれた女の子がつけている名札を見て「留学生?お国に帰らないの」と尋ねると「はい、学校がありますから」。日本の休みと中国の休みは違うから仕方ない。流ちょうな日本語で答え、事情を淡々と受け入れているような彼女に「新年快樂」と声をかけると、ぱっと笑顔になり「新年快樂」と返してくれた。「今日聴いた、一番嬉しいことばです」とも。

春節の大移動時期、新型肺炎が持ち込まれるのは心配だ。そして、自分たちが受け入れられないのではと、怯える気持ちを持つひともいるかもしれない。身を守ることが一番大事。でも、一年に一度、一番楽しく幸せに迎えたい春節は、仲良しの相手も、見知らぬ人も、挨拶をして笑顔で迎えたい。

 

新年快樂!

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|