台湾のカフェ

龍山寺・新富町文化市場「明日咖啡MOT CAFÉ」周辺から浮き上がる異次元空間

台北に初めて来た時、龍山寺の近くの夜市でご飯を食べようと連れて来られ、

「もう二度と来たくない」

と思いました。それ以来、仕事でやむを得ない場合以外には、絶対に近づかないようにしています。という前提のもと、新しくできた「新富町文化市場」に出かけました。

私は特に霊感が強いわけでなはいのですが、事故現場や何かがあった場所、鍾乳洞やお寺の近くでは具合が悪くなることがあります。パワーストーンの店も、注意深く入らないと頭痛がしたり、呼吸が苦しくなってくる。

龍山寺周辺が大好きで良く行くという友達も大勢います。彼らは、ぶれたり惑わされることがなく、自身を強くしっかり持っている。だから、周りの「気」にやられることが無いんだと思います。私がへなちょこなのであり、エリアが悪いわけじゃない。合う、合わないは、自分で気をつければいいだけのこと。

 

新富町文化市場は、1935年に建設が始まった「新富町市場」の跡地をリノベーションした施設です。古い門がそのまま生かされ、市場の歴史や、ミニチュアを観ることが出来る、小さな博物館のよう。真っ白で、すっきりした空間でした。

ミニチュアで、かつての市場の様子を再現しています。

こちらは実寸大。製氷室だったそうです。ちょっと見ただけでは、何をする場所なのかわかりませんでした。

 

新富町文化市場の中にある、明日咖啡MOT CAFÉ。

市場時代の門もそのまま残されています。

雨に降られて蒸し暑かったので、コールドブリュープレスのコーヒーと、チーズケーキを頼みました。チーズケーキは爽やかで、ここにたどり着くまでちょっとしんどかった気分も、さらっと晴れたみたい。お店の方も、すっきりした、優しい静かな対応で居心地良い。

蒸篭をランプシェードに。面白いアイデアですね。

新富町文化市場へ入るには、現在も活気づいている傳統市場を通り抜けます。まるで、突然ぽっかりと現れる、異次元のようでした。

一緒に行った台湾人の友達が、帰り道に市場の中を歩きながら「こういうところは、苦手なの・・・」

とつぶやきました。「でも、カフェは気持ち良かった。ここにワープして来られたらいいのに」とも。

日本人、特に男性は匂いでやられてしまう場合もあるかもしれません。市場に慣れていない方、デリケートな人には、ここへ辿り着くまでが茨の道になる可能性もあります。ぶれない、屈強な方、リノベ建築、日本統治時代の文化歴史に興味のある方には、市場から急に開ける感じが面白いし、お勧めします。古い場所に、完全に新しい、今の台北のカフェがある不思議体験。

 

 

明日咖啡MOT CAFÉ

萬華區三水街70號 新富町文化市場内 02-2302-3779 火~日 10:00-18:00(月曜休)

 

新富町文化市場

 

※店舗情報は訪問、掲載時のものです。お出かけ前に営業状態をご確認ください。

地図で探せる台北カフェマップ
「台北カフェマップ」Google Mapで簡単にチェックmimicafe.twで紹介しているカフェをGoogle Mapでチェック。「台北カフェマップ」は台湾旅行、街歩きや仕事の合間、暮らしの中でちょっと一息つきたい時のお役に立ちます。レトロ系、古民家カフェ、カウンターの癒し系、映画や音楽を感じる場所など、テーマ別TOP5もまとめました。...
台湾・台北のおすすめカフェベスト20
「台北で、素敵なカフェに連れてって」リクエストに応えるおすすめ20店。「台北で素敵なカフェに連れてって」リクエストに応える20店。 好きな店だけ、本音で選びました。忖度なし、情報ページではマップとデータありでご紹介します。台湾のカフェタイムをゆっくり楽しんで。...

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|