台湾あるある

Pure Yoga台湾から突然の撤退ニュースをうけ、2019年は直感やジンクスを信じようと誓う

台湾あるある、突然の閉店・閉業騒動。まさか自分が「Pure Yoga撤退騒動」に巻き込まれるとは!

 

企業やレストランある日突然張り紙ひとつで夜逃げしてしまい、従業員や会員が途方に暮れるニュースを台湾や香港で良く見かけます。その都度「ご愁傷様だ…」「何か予兆は無かったのかしら?」と思っていましたが、今回は私自身が「予兆あったでしょ!」と自分で自分を殴りたくなり、「直感やジンクスを信じるべきだ」と確信したお話しです。

ヨガ会員の契約更新、気が進まず先延ばしに

4年ほど通っていたヨガのスタジオ「Pure Yoga」。先生のレベルが高く、施設も清潔で使いやすく整っているし、「台湾で一番いいところだよ」といろんな人から言われていたので、安心して通っていました。

つい先日出かけた香港でも、同行の友人に
「ここは台湾にもあるPure Yogaの本拠地だよ。Pureのベースは香港なの」
とヒルサイドエスカレーターとシェリー・ストリートの交差する場所にある、Pure Yogaと系列のヘルシーなジューススタンドを紹介したばかりでした。

noodのドリンク、お高いけど美味しいしネーミングも好き

 

毎年秋になると、Pureの営業担当者が電話をくれて「契約更新時期ですよ、どうしますか?」と尋ねられます。「続けます」と即答し、「じゃあ次のレッスンの時にね」とゆるめの約束をすると、だいたい私がスタジオから出てくる頃にカウンターのあたりで担当者が待機していて「ハーイ、ゆっくり着替えて支度終わったら来てねー」と手を振ってくれる流れだった。

でも今回はなんとなく、様子が違っていました。

電話がかかってくるのは同じだけど、なんだか私が気乗りしない。「次いつ来る?」と聞かれて「多分明後日」と答えても、誰もカウンターに待機していない。何度も電話は来て同じ問答の繰り返しが続いても会えずじまいで、ちゃんと約束してないから仕方ないか、とぞのまま何となくずるずる、契約更新が延び延びになっていたある日、

「契約どうしますか?」

とメールが来ました。契約は12月31日までだったから、

「更新します。18日2時のレッスンを受けます」

「ではその後に」

やっとちゃんとしたアポイントが成立して担当者に会うことになりました。

「なんかおかしい」「うさんくさい」直感やジンクスを見逃した翌日に「撤収」のニュース

 

当日出かけるとき、目がかゆくなりました。私はアレルギー体質ではなく、出かける直前に目がかゆくなったときは、約束の相手が遅刻してくる、その約束自体が反故になる、あるいはトラブルの元になるというジンクスがあります。これは子供の頃から百発百中、外れたことがありません。

なのでその日は「ちょっと出かけるのが早かったのかな?」と思いました。でもスタジオにはいつも通りの時間につき、レッスン自体にトラブルはなし。目がかゆくなったことを忘れて、営業担当者に会いました。

でもなんか変。なんかおかしい。いつもと同じ手順なのに、今までの担当者とは何か違ううさん臭さを感じ、契約書を書いている間、私は自分がぶっきらぼうになっていくのを感じながら、やたらと質問をしました。それでも相手はニコニコと「問題ない」「いつもと同じ」を繰り返しながら説明をするので「そうですか」と契約書に署名をすると、相手はそれを普通に折りたたんで渡し、「ありがとうございました」と(今になって思えば)意味深な笑顔。

これまでは、きちんと契約書を入れるペーパーバッグの厚紙に挟んでくれたし、ヨガウエアをひとつプレゼントしてくれたのに、それらも一切ありません。

なんか変だな。

首をかしげながらも、まあいいか、今年の担当者がちょっと癪に障っただけね…と思った翌日、台北に長く暮らす日本人の友達から

「これを見た?」

とLINEが。Pure Yogaが19年1月25日に台湾から撤退するというニュースでした。

やられた!昨日、1月1日からの契約更新したばっかりだよ!
目がかゆくなったのは、これを知らせていたのね…

https://money.udn.com/money/story/5617/3546209?fbclid=IwAR1jqD-_AjtIG0JABoYRtzxjahHWsmANNSc22T0lmkMO1ehHW2wgyHA7ANU

Pure Yoga台湾撤収後、先生と生徒の動き

FacebookでPure Yoga台湾の会員有志がプラットフォームを立ち上げました。

ByeBye Pure Yoga 會員交流社團

Pure老師動態(先生たちの異動先リストやメッセージなど)

Pureや台北の消費者委員会への問い合わせをしたり、好きな先生の行方を追う情報交換に役立っています。

Pureその後や別のスタジオ探しに興味のある方は、上記のリンクを参考にしてください。

私はPure台湾の本部にメールをして、契約更新した翌日にこのニュースを見た、終わると知っていたら更新しませんと伝え、契約の継続そのものを無効にしてもらいました。通常、契約更新月には二ヶ月分の会費が引き落とされるので銀行にも連絡をして、万が一カード費用の請求が来た時の対応方法を教えてもらったり。

まさか自分も、撤退騒動の当事者になるとは…
でもPureの場合、本部が香港にあるので台湾撤収後も会費の払い戻し対応が出来ること、突然の夜逃げではなく事前に通知をしていたから、まだ良いほうなのでしょう。

直感や第一印象は、あながち間違いではない

 

長年人間をやっていると、それなりにカンのようなものは鍛えられていくのでしょう。「第一印象は悪かったけど、よくよく話してみたら良い人だった」という美談もきっとあるだろうけど、私に限っていえば、それはない。

初対面で妙にこちらを持ち上げて来る人、運命を感じるとか言ってくる人、スポーツのスローガンのようなきれいごとを言う人ほど、実体は伴わず、逃げ足はとても速い人でした。

口のうまさや極端なわかりやすさはなくても、最初の30秒くらいで「なんだか言葉遣いに違和感がある」「笑ってるけど冷たい眼ね」「あらあら、たいそう胡散臭うございますねえ…」と感じたら、「そうでもないか?」と思ったり忘れてしまったりしても、後で「やっぱり変な人だった…」と思い知らされることが何度もありました。

何がどうとはっきり言い表せなくても、自分のアンテナや感覚に不快さや不協和音を感じたら、警戒してもいい、するべきなのだと思います。

2018年の終わりには、それを改めて思い知らされることが、この件以外にもありました。

2019年はもう少し、「なんか変」と思ったら引き返す、グレーにしないで追及する、はっきりした答えが得られないのならその話は断る、ものごとや人から距離を置くことを恐れずにいようと思います。

 

それにしても、今後の私の運動不足と体力づくりはどこに行けばいいのでしょう。好きな先生のレッスンを最後に受けられなかったのが、心残りです。

※台湾のヨガに関するお問い合わせを多数いただいておりますが、私はヨガ関係に詳しくなく、このコラムに書いていることが私の知りえる全てです。
その後の状況などについては、上記に記載しているリンクからご確認ください。

個別の情報収集のためのご質問には、対応いたしかねます。
お問い合わせはご容赦ください。

 

バリ島のリゾートで受けたヨガのレッスンは、忘れられない素晴らしい体験でした。
ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|