台湾のカフェ

台北の暑い週末、甘いベトナム練乳コーヒーとバインミーのブランチ

普段飲むコーヒーは熱いものも冷たいものも、砂糖は使わない。
でもベトナム式の練乳コーヒーは、暑い場所にいると猛烈に飲みたくなる。
普段は、甘いコーヒーを口にしてしまうと予期しなかった脳と体が追い付かず、反射的に吹き出しそうになるのをこらえるのが大変になる。
ベトナムで飲んだコーヒーも、最初は「なんということ」とその甘さに顔をしかめてしまった。
でも、暑い場所では癖になる。朝早くから夜遅くまで、ベトナムでは食堂やカフェでこの練乳コーヒーが飲める。ロケの後、歩き疲れた夜のしめくくりや、仕事の前の朝食店で目覚ましに、ベトナム滞在中は甘いコーヒーが欠かせなくなってしまった。
ベトナムのカフェで、私が日本人と気づいたスタッフが、心配そうに見守っていると感じたことが何度かある。日本人にはベトナムの練乳コーヒーが甘すぎると知っているのかもしれない。「お口に合いましたか?」と恐る恐る尋ねられたこともあった。「好きです。とても美味しい。」と答えると、ほっとしたような笑顔を見せてくれた。

台北の街中にあるベトナム料理の店も、ベトナムならではのアルミのコーヒードリッパーを備えているところがある。ベトナム同様、台北でも出来上がった状態でグラス入りのコーヒーを出す店もあるけれど、「玉壮越南河粉」のは、練乳いりのグラスの上にドリッパーを重ねて出してくれるスタイル。
「コーヒーが全部落ちきったら混ぜて、氷のグラスに注いでね。注ぎ終わったらドリッパーはこの蓋の上に乗せて」
テキパキとしたお姉さんが説明してくれる。言葉に少しなまりがあるみたい、多分ベトナムの人だと思う。別の朝食店のベトナム人のお姉さんも対応の仕方があっさりしていて的確で、とても好きで時々いっている。なんとなく、香港人のようなクールで熱い物腰というか…広東系のベトナム人なんだろうか。あまり詮索したくないのできかない。このお姉さんがいるなら、またここへ食べに来たいな。

 

真夏日が続く週末のブランチに、「法國麵包」バインミーと。ぱりぱりの外側、ふっくらとしたベトナム式サンドイッチ。開店直後の11時すぎ、まだランチタイムには早いから店内もまばら。暑いけれどあえて外の席でぼーっと、コーヒーが落ちる様子を眺める。朝昼兼用の食事に重すぎず、ちょっと甘くて少しだけのんびり。

ベトナム関連のコラム

 

ベトナム・ホーチミンのカフェで、甘く濃厚なベトナムスタイルコーヒーの日々ベトナム・ホーチミンでカフェタイム。出張やツアーなど、旅行の時間に限りがあっても楽しめる! ベトナム、ホーチミンに出張で4日間滞在...

 

ベトナム・ホーチミンお土産の雑貨やチョコレートを時短でまとめ買いするコツベトナム、ホーチミンでお土産の買い方(自己流)を取得。今回は、ホーチミンで時間が無くてもピンポイントでここだけ抑えれば、チョコレートやジャム、お茶、雑貨などのお土産探しや買い物を楽しめる幸せな場所をおさらいしておこうと思います。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|