台北生活の日記

マンゴーの香り、台北の真夏の昼寝。

昨冬の寒さと春から夏の長雨がひびいて、今年の台湾はマンゴーの数が少ない。価格も高くて、気安く手を伸ばしにくい。今までなら7月にもなれば1斤あたり60元前後まで降りてくるのに、いまだに初物のような価格で売られているものもある。
でも、マンゴーが高い、高いと簡単に言うのも気が引ける。苦労して育て、収穫の予測と見積もり、これまでのお付き合いを考える卸値に頭を悩ませていると思うと、「高いわね」と消費するだけの立場での物言いはどうしてもできない。西瓜も値上がりしたし、お弁当や飲み物も、5元、10元と値段を調整している。

 

食べ物に限らない。衣類にしても、安いものがつくられる陰で泣いている人がいると指摘した川久保玲氏の記事を読んで以来、安いとか、高いとか、口に出したくはないと思うようになった。それから自分で考える。これは法外に高いのか、誰かが泣かなければならないほど、安いのか。これをどんな人が作っているのか。作った人は幸せか。手にしたり、口にする私は幸せか。

大型の冷蔵庫の中で出荷を待つ台湾愛文マンゴー

 

今年は例年より価格も高く、数が少なく、日本への宅配申込みは予定を繰り上げて打ち切られた。
2010年に台湾へきて、マンゴーの販売や農家の動向に少し関わったけれど、ここまで苦しいのは2012年以来のことだと思う。あの年は、マンゴーの通販が終わって出かけたサロンで、円形脱毛症があると告げられた。それから毎年、だいたい夏場にはハゲが出たし、最初の2~3年、私は台湾のマンゴーを口にすることさえ拒否反応が出た。それくらい、自然のものを契約した値段で綺麗な状態を守ったまま海を越えて届けるのは緊迫していたし、きちんと届いて喜ばれることに、やりがいがあった。

何度も人の手と目を通して確かめて選り分けられるマンゴー。ひとつ残らず全部大事なマンゴーです。

 

今年のライチは良くできて、数も多かった。嫌いではないけど、買うことはあまりない。でも今年はマンゴーを考えて見送る分、市場でライチを買って食べた。日月潭の紅茶にあわせるとライチの香りがうつって、これは台湾でこの時期だけ楽しめる美しい飲み物だった。

 

マンゴーは少し部屋に置いて追熟がてら、アロマを楽しむ。何か音楽を聴かせたら甘くなるかな。何がいいだろう?台湾の夏は日差しが強いぶん、繁華街はともかく、住宅街は昼寝をしているみたいに静まりかえる。しんとした真夏の台北の部屋で、南から来たマンゴーの香りの中で昼寝は幸せだ。

台湾の果物について書いたコラム

 

台湾や香港からフルーツや香辛料、日本へ持ち込んでもいいの?果物・植物防疫情報まとめ台湾土産のドライフルーツや漢方の日本持ち込み、大丈夫?肉および肉製品の持ち込み規制の厳格化、香港や台湾からのお土産で持ち込めるもの、持ち込めないものがあります。お土産としての「乾物」は?迪化街の香辛料は規制の対象になる?「植物防疫所」の公式サイトで確認しました。...

 

台湾パイナップルは世界一。畑で実る金色の王冠台湾の夏、果物の収穫もまっさかり。パイナップルやマンゴー、ライチの畑を見に出かけてきました。...

 

愛文芒果青冰|ラヴァースフルーツ、森瑶子が書いた台湾愛文芒果冰、ラヴァーズ・フルーツを食べるたびに思うのは、作家・森瑤子さんのこと。海外を舞台にした物語やエッセイが多かった森さんのエッセイを読むと、台湾にも一度来られたことがあるようです。食通の作家たちが台湾は美味しかった楽しかったと絶賛していたから、と動機が書かれていた記憶があります。...

 

台湾ライチが日本へ届くまでと、1日に食べる量のお話し。今日は台湾のライチ畑と、日本への輸出の流れを簡単にご紹介。食べすぎ注意はほんと?...

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|