台湾旅行情報

台湾限定「鋒味 CHEF NIC」クッキーと拌麵は香港と台湾のいいとこどり

台湾セブンイレブンで香港 X 台湾コラボ「鋒味」CHEF NICの期間限定商品をお土産に


台湾でお土産探しに重宝するのは街中いたるところにあるコンビニ。セブンイレブン、ファミリーマートの二大勢力があり、それぞれ特色のあるラインナップなので、私は必要に応じてホッピングします。

4月末から台湾セブンイレブンのお弁当コーナーに登場した、香港ブランド「鋒味 CHEF NIC」の涼麵と香港XOソースの海鮮貝柱チャーハン。見つけたのは暑い日だったので、涼麵を買ってみました。台湾の素材を使っているけれど、通常よくある台湾系とは似て非なる味。ピリ辛加減もきつすぎず、好みでした。

以前、このブログで香港土産にこの「鋒味」ブランドのクッキーを紹介したことがあります。香港テイストを打ち出して成功してるなと思いましたが、台湾セブンで5月初めから「台湾限定版クッキー」販売が始まりました。

「台湾と香港、どっちも好き」をテーマに掲げたこのブログで、このクッキーを見過ごすわけにはいかないよ!

「鋒味 CHEF NIC」台湾限定クッキーは各地の名産テイスト

本家香港のCHEF NICにも「甜・酸・苦・辣」4つのテイストのクッキーの詰め合わせがあります。

 

今回台湾セブンイレブンで見つけた台湾限定版は

「甜」台南柴焼黒糖
「酸」屏東香檬
「苦」花蓮山苦瓜
「辣」宜蘭魔鬼椒

台湾各地の名産で「甘さ」「酸味」「苦味」「辛さ」を表現していました。

CHEF NIC’S COOKIEは小分けで4種類X2個、合計8個入りで89元(約315円)。それぞれの辛い、苦い、酸っぱい、甘いがサクサクのミルキーなクッキーとしっかり組み合わさっていました。買い占める。

 

嬉しくて、店先で泣きそうになってしまった。

いつも行くセブンのお姐さんに「会計するよー?」と手招きされ
「あの商品棚、写真撮らせてもらえないかな」
と尋ねると
「うちは店内撮影禁止なの…」
困り顔だったので、無理はいいませんでした。
「外はいいよ」とのことなので、店回りでは涼麵とチャーハンのポスターのみ。

(出先で写真を撮る時は、ひと声かけて承諾得たら自分も周りの人も気持ちがよいよね)

「鋒味 CHEF NIC」ニコラス・ツェーって?

「CHEF NIC」は、香港の俳優で歌手の謝霆鋒(ニコラス・ツェー)がプロデュースする食のブランド。食に関するテレビ番組のホストを始めてから独自の商品を展開し始め、最近はクッキーのほか、インスタント麺、ドリンク類など様々な商品が出ています。

下記にリンクする「鋒味シリーズの茶餐廳クッキー」のコラムで、彼について少し書いています。

こちらは香港で購入したCHEF NIC’S COOKIEの茶餐廳シリーズ。

 

台湾限定のCHEF NIC’S COOKIE、箱の横幅はちょうどiPhone8Plusと同じくらい。大きすぎないので、まとめ買いしやすい。買い占めます。

 

1990年代の香港を知っている人なら、霆鋒の名前を聞くとあんなことやこんなことを思い出すと思います。香港で有名な映画俳優夫妻の長男として、デビュー前、生まれる前から注目されていた、スターになる運命を背負ってきたニコラス。

 

 

4月の香港フィルムアワードで映画「特警新人類」の4人がそろい、大興奮。

彼は人からいろんなことを言われるし、このシリーズのことも何かというと槍玉にあげられています。でもさ。霆鋒には、幸せになって欲しい。だから応援の意味でCHEF NICを買ったり食べたり、紹介したりしています。

香港と台湾のいいとこどりな「CHEF NIC’S 台湾限定」

 

「港式」は「香港スタイル」という意味。
台湾のレストランや食堂に「港式」とあれば、香港スタイルの飲食店です。台北にも港式の茶餐廳や冰室が増えてきて、結構人気です。

CHEF NIC’Sのドリンク。台湾で販売されるのは、コーヒー紅茶テイストの「鴛鴦」と香港式ミルクティー「奶茶」。鴛鴦は最初にミルクティーの香り、それからコーヒーの味。甘さほどよく、これは癖になる。美味しい。

 

台湾より香港で暮らした年月が長いせいか、私は「港式」に関してはこだわりや意見が、標準値を超えているかもしれません。

「シェフの都合が良かったら、挨拶をさせてちょうだい。」

とスタッフに伝え、怪訝そうに現れたシェフに握手を求め広東語でおしゃべりが盛り上がることもあれば、他の人が「美味しい」と言っても、もう二度と来ないと決めた店もある。

台湾で「日式料理」の看板を掲げる「なんちゃって和食レストラン」を日本人が警戒するような気持ちに近いものがあります。

「CHEF NIC’S」の限定シリーズは、「台湾と香港のいいとこどり」。大変よろしいと思いました。

「三杯」と「麻辣」の2種類。麵はこんなに長くはない。

 

無添加無着色の麵とソースだけのシンプルなもの。ソースはしょうが、黒ゴマ油、青ネギ、九層塔(台湾バジル)の台湾風味。私は好きなお酢を少し足しました。酢とごま油、葱マシマシで本当の台湾まぜ麵に。うまし。お好みでお肉や野菜、たまごなど具材を沢山載せて食べても美味しい。

 

 

台北で、香港人オーナーが開いたおすすめのカフェ

台北であちこちにある香港系のレストラン。なかでも好きなのは、こちらの3軒のカフェです。軽食もある、ミルクティがうまい店。

正統派冰室系なら

行運冰室 内部
南京復興「行運冰室(Lucky Cafe)」猫・香港・茶餐廳好きの楽園MRT南京復興駅近くの「行運冰室」でどっぷり香港と猫にまみれる久しぶりに「ヤヴァイ」と心の中で30回くらいつぶやいたカフェの紹介です。台湾でも人気のある「茶餐廳」や「冰室」は、香港スタイルの食堂。...

リノベ系で台湾風味との交じり加減が絶妙な

大稻埕「窩窩wooo」は香港オタクもうなる港式茶餐廳。大稻埕、迪化街近くの香港スタイルカフェ「窩窩 wooo」。薬屋だった古い建物をリノベーションしてレトロな台湾、でもメニューは香港の茶餐廳。香港式フレンチトースト「西多士」が香港で食べるより美味しい。そんなはずはない、本場より美味しいなんてありえない…確かめに行きましょう。...

クールなアメリカンダイナー系なら

赤峰街「共楽 Gung Lok」モダンな港式カフェで菠蘿飽&ロカビリー!台北・赤峰街にある香港人オーナーのモダンな茶餐廳スタイルカフェ「共楽 Gung Lok」。ここの菠蘿飽を一口食べたら、ああこれは香港の味だぁと、肩の荷が下りたような感じ。流れている音楽が好み過ぎて踊りたくなってしまうのも、本当に困りものです。...

たまには台北から香港、遊びに行きましょう



香港土産に、シェフ・ニコラスのクッキー。鋒味曲奇 港式茶餐廳系列クッキーブームの香港でお土産に選んだのは「シェフ・ニコラス」の「港式茶餐廳系列」 クッキーブームの香港で、私はこれまで断固とし...
香港日帰り旅行で出来る12のこと。弾丸トラベルのメリットとデメリット日帰り香港旅行、滞在実質10時間でいろんなことが出来る!LCCの普及で、気軽に、バッグひとつで気ままに好きなところへ出かける弾丸トラベラーも増えています。日帰り香港、弾丸旅行で何が出来るのか?持ち物リスト、スケジュール、機内持ち込みの手荷物で持ち帰れないものなど、あわせてまとめてみます。...
「香港へ行って、いつも何買う?」台湾在住者視点のお土産マストバイ一覧「香港へ行って何を買うの?」台北在住の友達から尋ねられて作ったショッピングリスト。台湾在住の友人たちの間でも人気のアイテムや喜ばれたもの、台湾で買うよりお得なもの、アンコールが鳴りやまない調味料をリストアップしてみました。...

 

クッキーはストレートティーと楽しむのがおすすめ。私は台湾日月潭紅茶と。とても気に入りました。セブンでCHEF NIC’Sの棚が空になってたら、私が立ち去ったあとかもしれません。

 

CHEF NIC’Sと台湾のコラボ、限定と言わず、通年商品にしてほしいなあ。

翌日クッキーを買い足しに行ったセブンイレブンのレジの女の子も「これ、すごく美味しいよ」と笑顔で言っていました。

 

※情報は掲載時のものです。限定商品は期間後販売終了する可能性もあります。




ABOUT ME
mimi
ライター/コーディネーター。長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。台湾、香港、ベトナムなどで活動をしています。 詳細と連絡先はこちらをご覧ください。