台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

フランスのカフェに光が差し、台湾が陰に入っていく時間

警戒レベル3が台北市、新北市から台湾全域に広がった5月19日、フランスのパリで半年ぶりカフェの営業が再開したニュースをいくつか見た。
「昼も夜も」ワクチン効果 パリに半年ぶり、カフェ復活
フランスにはいったことが無いけれど、5月のドイツの素晴らしさは夢のようだった。ヨーロッパの初夏は、きっと外で過ごす時間が心地よい素晴らしい季節。さぞかし嬉しく楽しいだろうな……

 

デュッセルドルフの川べりで見たコガモたち。

 

 

私が世界で一番好きな場所はドイツの小さな町のはずれにあります。その近くで見つけた、小さな素敵なカフェ。

 

 

制限に満ちた世界の中、日本から来た友達が14日間の検疫明けに「まるでパラレルワールドのようだ」と呆然とした台湾で、私達はつい先週までのびのびと暮らしていた。海外に出られないこと以外、不便さはなかった。いつでも好きなひとたちと会い、おしゃべりをして、お茶を飲み、笑って、食事をして、一緒に過ごし、台湾の中を旅した。地球はゆっくり回っている。まるでフランスが光の中に滑り出し、台湾は陰の中に入ったみたい。コロナとの戦いはシーソーゲームではないはずなのに、このタイミングだからつい、おかしなことを考えてしまう。

ケルンの4711本店へ出かけた後で。通りに面した小さなテーブル、素晴らしかった。

 

24時間や12カ月で、昼や夜、夏と冬を平凡に享受して、普通に暮らしたい。好きなカフェへ出かける。海を越えても会いたい人に会いたい時に会いに行く手段と資格をいつでも手にしていたい。

 

 

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|