台北生活の日記

台湾ブリトー「潤餅」でヘルシー・レイジー・アフタヌーン|惠 古早味手工全麥潤餅

東門外市場「惠 古早味手工全麥潤餅」で野菜たっぷり台湾ブリトー「潤餅」を買う真夏日の台北

 

6月の台北、気温が30℃を超える日が続くと、もう暑くて暑くて何も食べたくありません。
私の食欲どこ行った?
生きる源を見失ってはいけない。「東門市場」へ、失われたものを求めて探しに行きました。

こう暑いと、米類や油で焼いたものは重くて受け付けない。かといって麺類ばかりも、飽きてしまいます。今年は6月に入ってから、時々「潤餅」を買うようになりました。
「東門市場」の奥、「外市場」と呼ばれるエリアの「惠 古早味手工全麥潤餅」で、見失いかけた命の源。原味(プレーン)の潤餅(40元=約145円)。

 

潤餅は、ラップやビニールにまかれてドン。

 

 

 

「潤餅」は、薄い小麦粉の皮の上に茹でたキャベツやもやし、にんじんの細切りのほか、揚げてから少し甘めに味付けした豚肉の薄切り、油條のフレーク、香菜(パクチー)やピーナツパウダーを乗せて巻いたもの。この店では、ベーシックな材料に干豆腐も入っています。命の源はとってもお手頃。手の中にほのかな温かさとどっしりした重量感。生きてるって感じだな!

 

以前、ある雑誌の取材クルーに「ラップサンドイッチが食べたいです」とリクエストされ「ラップサンドイッチ……?」としばらく考えたのが、この「潤餅」のことでした。

その後、撮影で台北に来たアーティストと潤餅の昼食を食べた時「これは何?」と尋ねられ「ルンビン…」と中国語で言いかけてから「ラップサンドイッチですね」と説明したことがあります。そのアーティストが「台北ロケで食べたラップサンドイッチが美味しかった」と雑誌のインタビューで答えているのを見て「美味しかったんだ、良かった」とほっとしました。
でも、今思うと「台湾ブリトー」と言ったほうが、わかりやすかったかな?ファンの方も「いつか台湾で聖地巡りをしたい、ラップサンドイッチも食べてみたい」と思われるかもしれないし…
台湾グルメとして流行ったら、「魯肉飯=ルーローファン」のように「潤餅=ルンビン」も浸透するのかしら。とりあえず「台湾ブリトー」「ラップサンドイッチ」と色々書いておきましょう。

 

タイワニーズブリトーと書いてある!YES!

 

「全麥」は全粒小麦のこと。一般的な潤餅は皮が真っ白だけど、「惠 古早味手工全麥潤餅」のは小麦の表皮、胚芽、胚乳などが含まれる全粒だから、皮が芳ばしく感じます。

潤餅づくりの土台。パクチーやピーナツなど、苦手なものは外してもらって。ピーナツアレルギーの方は、台の上に飛んでいるので避けてください。

 

薄く柔らかな皮に包まれた野菜とピーナツ、パクチーの芳ばしさが体に優しい感じ。旅行中、手軽に野菜を多めに摂りたい時にも、「潤餅」はおすすめの地元系スナックです。手ごろで美味しく、地元の人たちと一緒にちょっと並ぶのも楽しいし。
この店にイートインコーナーは無し。潤餅は大抵ラップやビニールで包んでいるので歩きながら食べるのも可能だけど、今日は家に持ち帰り、カットして皿に乗せました。

台湾ブリトー「潤餅」。野菜中心の具をたっぷり、柔らかい皮でくるみます。

 

「潤餅」、台湾ブリトーをヘルシーなブランチにするなら、豆漿とともに。
夏の午後、もう何もしないと決めたなら、ビールや白ワインとともにのんびり食べるのもいい。お酒が飲めないならアップルサイダーで、ちょっと気分が出そうです。

 

こちらの潤餅の「原味」は、味が淡泊に感じられるかもしれません。カレー味などちょっとスパイシーなフレーバーを選ぶのも、夏の暑い時期は特に良さそう。ツナやチーズ、チキンを足してボリュームを出してもいいし、ベジタリアン(素食)用のメニューもありました。

惠 古早味手工全麥潤餅のメニュー。

 

 

 

大行列ではないけれど人は途切れず、ニコニコ対応しているおかみさんが突然「ハーイ!」と大声で挨拶した相手は、市場を抜けてやってきた白人女性でした。少し癖のある中国語でおかみさんとお喋りしているこの女性、常連さんかな?

 

外国暮らしで、地元の屋台で言葉が通じて欲しいものを買うことができ、お店の人に笑顔で声をかけてもらえたら、どれほど嬉しく安心感があるでしょう。コロナ禍で外国人旅行者のいない台湾の街中、私も日本語を話しているとふり返ってじっと見つめられたり、お店の予約をするとき「日本人ですか…?」と怪訝そうに尋ねられ「旅行者ではありません、台北に住んでいます」と説明することが増えました。でも、黙って歩いていれば、私は町の中に紛れ込むことができる。外見で明らかに外国人とわかる彼女は、入境のルールを知らない人から「なんで外国人がいるんだ?」と不審に思われる可能性が、高いかもしれません。
そんなご時勢に地元の店で「ハーイ」と笑顔で声をかけてもらえたら、なおさら嬉しい。
私もドイツの、アジア人を全く見かけない小さな街で毎日通ったカフェのバリスタが顔を覚えてくれて「ハーイ!」と声をかけてれるの、とても嬉しかった。ラテアートで笑顔を描き、「あなたに」と差し出してくれたこと、未だに忘れられません。
潤餅を買っていた彼女も、きっとここで安心して暮らしているだろうな。そんなことを思う、真夏の台北、レイジー・アフタヌーンでした。(BGMは、ラ・ヴィアンローズで)

 

「惠 古早味手工全麥潤餅(惠Q潤餅)」東門市場店 舗情報とアクセスMAP

 

住所:台北市中正區臨沂街73-1號
電話:0932137120
営業時間:7:00~13:30 (水・木・土・日曜日)
定休日:月・火・金は下記の場所で営業
月:台北木柵市場-台北市木柵區集英街2號
火:板橋福德市場-板橋區福德街16號(捷運府中站)
金:萬華直興市場-台北市康定路172巷21號(捷運龍山寺站)
公式サイト:https://www.facebook.com/huigispringroll/
アクセス:MRT「東門」駅から徒歩3分

※屋根のある「東門市場」の外側、「臨沂街雅方福州魚丸店」の並び。


※店舗情報は訪問、掲載時のものです。ご利用前に公式サイト等で最新の営業状態を確認してください。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|