香港のカフェ・レストラン

波記咖啡。油麻地の市場横、金網越しの香港スタイルカフェ

香港の九龍サイド、佐敦に住んでいた頃、いつも行っていた新填地街の市場。屋台の店がずらりと並ぶ歩道の上、金網越しに見えるのは「波記咖啡」。

 

 

 

香港で写真集の撮影。朝のロケハンのため再びこのエリアに舞い戻って、まずは朝食を食べました。熱奶茶、香港式熱いミルクティーと、馬拉糕(マーラーカオ)。広東語では「マーライゴウ」。

 

ミルクティーは濃厚で、そのままでも美味しい。朝の体を揺り起こしてくれる優しいパンチ力がありました。

蒸したての馬拉糕は弾力があってきめ細かく、甘さほのかで、決して軽くない、でも重すぎない。

香港の伝統的な朝食は、香港そのもののようです。

7時前、他のお客さんは点心や腸粉などをつまみながら新聞を読んでいました。香港の下町の朝の様子は、相変わらず、変わらない。ほっとしました。

店の近くに猫たちがいました。

 

うちの猫はここの近所で生まれたようで、公園でひとりぼっちで鳴いていた。この子たちはどこかでうちの猫と親戚繋がりなのかなあと考えてしまいます。

波記咖啡(ポーゲイカーフェー)

油麻地新填地街35-39號新填地街熟食小販市場地下1-2號檔

公式Facebook

公式Instagram

06:00-15:00 点心は14時前には売り切れてしまうとのこと。

追記:新填地街熟食小販市場は2022年第四四半期で閉鎖予定。
在りし日のインタビュー動画が残っていました。
香港奶茶研究所

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|