台北のおすすめカフェ ピックアップ

ブログで紹介したカフェの中から、とっておきの20店をテーマ別・地図つきでご紹介

「台北カフェ BEST 20」 へ

Ruins Coffee Roaster|小廢墟咖啡館 Staycool, Stay free. 台北で一番好きなカフェで教えてもらったこと

リノベ・古民家・レトロ
スポンサーリンク

廃墟を秘密基地に。Ruins Coffee Roaster、Cafe Junkiesの焙煎所として2016年の夏にオープン

オープン当初は焙煎所としての場所だった「小さな廃墟」Ruins Coffee Roasterは、週末だけカフェだったり、何やらイベントを行う不思議な秘密基地のようでした。市内からトコトコとバスや文湖線、車で何度かでかけたこの場所でのことを、書き止めておこうと思います。

私は普段カフェではコーヒーだけ。でも、Ruins Coffee RoastersではCharleneさんの季節にあわせた美味しい手作りケーキが楽しみです

2015年のクリスマスの頃、ガイドブックの取材で当時はまだ営業していた健康路の「Cafe Junkies」に伺った時、オーナーのWillさんから
「今、木柵に焙煎所を造っているんだ」
と聞きました。
木柵といえば、台北動物園に近い、山側のエリア。ずいぶん遠くだなと思ったのですが、廃墟を見つけて、自分たちの手でいちからこつこつと、一年もかけて作っているのだとこと。

Willさんはカフェのオーナーであり、Staycoolというバンド活動もしている方。さらに焙煎所も作れるってどういうこと?と呆気にとられると、「トイレも直せるよ」とドヤ顔で胸を張りおどける様子にみんな大笑いしたものでした。
そして今年の夏、Junkiesの常連やたくさんのお友達が集まって、Ruins Coffee Roastersのオープニングを祝福しました。

廃墟を秘密基地に造り替えたこの内装も、全てWillさんや周囲の人たちの手作業だそう。

 

小さな場所、川のほとりの、整備工場と並んで見分けがつかず、住所だけではタクシーも通り過ぎてしまうのに、そこだけ暖かく良い香りがしていて、人も犬も猫も、集まるところにはどこだって集まるんだと感心したものです。

その夜、「いずれここでStaycoolのライブをやろうと思ってる」と聞いて「それはいいね、絶対聴きに来るね」と約束。

自家焙煎のコーヒーと、手作りケーキを、防波堤の下のアウトドアエリアでも。

名だたるカフェが日替わりでRuins Coffee Roastersへやってきた夏

8月から9月にかけて、数日あるいは日替わりで、台湾中から名だたるカフェがRuinsに臨時出店。アンテナショップというのかな?
お店のコンセプトもバリスタもスタッフもそっくり持ってきて、Ruinsでコーヒーやお菓子を出すイベント、試みでした。

咖啡老頑童x小廢墟 2016

このイベントに六張犁のPEG COFFEEも参加していたのは、個人的に感無量なところがありました。猫を検疫のために台湾大学の動物病院へ預けていた時、面会の帰りにはここでコーヒーを飲んで、寂しさを鎮めていたのです。

それにしても、よくこれだけのお店が集まって協力してくれたね?
Willさんのお姉さんであるCharleneさんに尋ねると、

「みんな忙しいし準備も大変な上、儲けがでるわけでもないんだだけど、楽しいし、面白い試みでしょう。だから快く来てくれたのね」

CharleneさんとWillさん

よそのカフェなんて、ライバルなんじゃないの?
丁度その頃、別の業界のことだけれど、同業者の悪口を巧妙に広めたり、足の引っ張り合いをするひとたちを見てしまい、暗澹たる気持ちになっていたので、このRuinsでの試みは、私には小さな衝撃でした。

ここに集まってきた人たちは、自分たちのカフェを確立している。何年もかけて、自分たちで苦労して作ってきたお店と味、きっと自信も自負がある。だから留まるのではなく、牽制しあうのでもない、
「面白いことしたい」
そのためにはちょっとくらい寝不足や体が疲れても、楽しんでしまう。

 

そんな様子を見て、美味しいコーヒーを飲みながら彼らとお喋りをしていると、すっとするような、余所見をするより修練する、自由な清々しさを感じました。

コーヒーとグアバジュースのマリアージュ。台湾の夏ならではのマジックでした。

 

Staycool,地球上で一番「音楽」だった台北の夜

StaycoolはStanley、Will、Brian、Mitchell、Tracy、Pongpong の6人編成バンドでした。そこからギターのBrianとベースのMitchellが抜けることになって、6人でのラストライブが、夏にRuinsで行われました。観客は、床の上に敷き詰めたコーヒーの麻袋や、いつもはコーヒーを飲むための椅子に座って。

Ruins Coffee Roastersのオリジナルブレンドを、台湾のお土産に。私も自宅用やプレゼントで時々購入しています。

 

去年の暮れの取材の時、お店で買えるブレンド豆ではどれがお勧め?と尋ねたら

「室内流行樂。これは6種類の豆をブレンドして作っているんだ。僕らのバンドも6人で音楽を作っているように」

Willさんがとても大切そうに語ってくれたのが印象的でした。6人で音を奏でるバンド、そこから2人が抜けるのは相当ショックなことではないかな…と恐る恐る出かけたのですが、楽しかった。素晴らしかった。廃墟だった場所を作り変えて、どうしてこんなにいい音が出るんだろう。バンドの名前の通りにStay cool、熱くなりすぎず、音が重なり、溢れるようで、でも何一つ零れ落ちない。

この地球上で今夜一番音楽的な場所は、台北のはずれの川岸にある、この小さな秘密基地だと、確信しました。

バンドを抜けるふたりも始終笑顔で、MCの時間は「脱退の理由」として「家庭や仕事を持って、バンド活動をしっかり出来ないのは心苦しいし、将来のことも考えて決めたこと」と、きちんと語っていました。

仕事を持って音楽も続ける、でも6人そろってCD制作やライブ活動ともなれば、スケジュールを組むだけでも、簡単なことではないでしょう。
無理に続けるのではなく、辞めること。どちらも、責任と自由だな。

台湾の人は自由に動き回るのが好きだなあと眺めることが、これまでも多かった。でも、勝手なわけじゃない。
好きなことをする、責任も取る。クールであること。自由であること。
そんなことを、改めて教えられた夜でした。

Staycool Live at Ruins Coffee Roasters

まあ理屈はおいといて、とにかく楽しかったのね。間近で素晴らしい演奏を聴いて、見ることが出来るって、本当に震える。
特にヴィオラを担当するPongpongとTracyのふたりがとても素敵だった。ライブの後、外に出てお喋りや挨拶をした時も、もうこの感激は言葉なんかじゃ言い表せなくて、ふたりを両脇に抱えてぎゅうぎゅう抱きしめてしまった。

楽しかったな。

来年はどんなことがあるかな。

Ruins Coffee Roasters 小廢墟咖啡館Shop Data

住所:台北市木柵路三段242號

営業時間:火-日 14:00-22:00(夏季)13:00-21:00(冬季)

月曜休み

アクセス:文湖線「木柵」駅から徒歩10分
南京西路や小巨蛋(台北アリーナ)、國父記念館からバス282で「萬壽橋(木柵)」下車、徒歩1分

Facebook:https://www.facebook.com/RuinsCoffeeRoasters/

※情報は訪問、掲載時のものです。ご利用前に営業状態を確認してお出かけください。

※本ブログの内容、画像等の転載や流用は一切お断りしております。

Staycool

日本語のサイトもあります。

Café Junkies

台北市台北市松山區健康路9號

※カフェジャンキーズは2016年4月21日に現在の場所での営業終了。

 

Café Junkies|Last Day,Closing Party。台北生活を支えてくれたカフェに、また会える日を楽しみに
Café Junkiesが2017年4月21日で、健康路のお店をクローズしました。

 

地図で探せる台北カフェマップ
「台北カフェマップ」で素敵なお店を見つけましょう
台北のおすすめカフェをGoogle Mapで探せる「台北カフェマップ」。台湾旅行、街歩きや仕事の合間、暮らしの中でちょっと一息つきたい時のお役に立ちます。レトロ系、古民家カフェ、カウンターの癒し系、映画や音楽を感じる場所など、テーマ別TOP5もまとめました。
台湾・台北のおすすめカフェベスト20
台湾・台北のカフェ おすすめベスト20 個性あふれる居心地よいお店だけをタイプ別にご紹介(2018年11月更新版)
台湾・台北のおすすめカフェ ベスト20をテーマ別に厳選して紹介します カフェ激戦区と言われる台北で、溢れる情報をなぎ倒し「カン」と「信頼できる友達の紹介」だけを頼りに訪れて好きになった、自信をもっておすすめできるお店だけを紹介します。 ...

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。