台湾のカフェ

台北・南京松江「貝克宅Roasting House」ケーキとねこに吸い寄せられるカフェ

台北南京松江のおすすめカフェ。「貝克宅Roasting House」はコーヒーと美味しいスコーン、ねこも目当てに

 

MRT南京復興駅から歩いて、中華航空のオフィスの裏手へ。住宅街にカフェや食堂、タトゥーの店が点在する良い感じの路地にある、Wilbeckの系列店。

 

Wilbeckは中山や南京三民、仁愛路近くのお店に時々行きます。どの店もそれぞれかけている音楽の傾向が違って、面白い。手ごろで程よく美味しく、ざっくばらんな感じなところも好きです。

この「貝克宅」が他店と違うのは、民家を改装した2階建ての造り、ケーキやスコーン目当てのお客さんが多いこと。それに猫の「貝果(ベーグル)」ちゃんがいることかな?


猫がいるからドアの開け閉めに気を付けて、と注意がきがあるのに、何度行ってもなかなか会えなかったベーグルちゃん。お客さんが少ない午前中に、会えるチャンスが高いかも。混雑すると、姿が見えなくなってしまいます。

 

冰西西里美式(LEMON ICED COFFEE)160元
豆を選んでハンドドリップ、エスプレッソベースのメニューも。カプチーノから1+1まで、ミルクとエスプレッソ量のバランスの選択肢が豊富。

 

私は冬でもシシリアコーヒー。
ここのはとてもすっぱい。すっぱ!と顔をしかめるほど酸っぱいけど、甘さとコーヒーのほろ苦さのバランス、とても好き。台北で3本指に入るくらいにいいなあと思うので、寒くてもここに来るとアイスのレモンコーヒーを飲むのです。優しく眠気を醒ましたい時は、ダブルエスプレッソにミルク少なめの「小白/Flat White(100元)」。

「司康/Scone(1個90元、2個150元)」。バタースライスを挟んだこの形状、菠蘿包(パイナップルパン)みたいで可愛いでしょう。きちんと温めて出してくれるスコーン、しっとりと重みがあって香ばしい。コーヒーとスコーンひとつくらいが、午後のおやつにはちょうどいいかんじ。

冬の平日の午後に大混雑だったので、どうしたことか?と思ったら、このいちごシフォンケーキ目当ての女性客が押し寄せていました。抹茶のも、濃いグリーンといちごの赤の色合いもいいから人気があるみたい。

草苺戚風 (いちごシフォンケーキ)220元。持ち帰りは箱代20元追加。

 

最近はシナモンロールを押し出すカフェが増えました。こちらのは小ぶりのひねった形のもの。シナモンどっさり。

私はスコーンが一番好き。

1階の奥に焙煎室がありました。
台北市内でこれほどの規模の焙煎室はちょっと珍しい。Wilbeckの他店では、店先に1台焙煎機を置いています。
個人でカフェをしているオーナーバリスタも、焙煎室とカフェを別々に持っているという話を聞きます。立ち上る香りやスペースの問題もあるというから、市内でこれだけ山積みになったコーヒー豆の麻袋は壮観。

 

夏に飲んだシシリアコーヒー。

 

店内に流れる曲のアルバムジャケットが広い壁に映し出されて、静かな店内で小さな変化のアクセントに。

 

店先にはVespaや、HONDAのカラフルなSuper Cubが停まっていて、今日はどのバイクかなとちょっと楽しみ。ベーグルちゃんが1階に降りて、ガラス越しに外を眺めていました。

 

カフェの近くで散歩もおすすめ。馴染みのない路地に迷っても、賑やかな方へ行けば南京東路がすぐ近くだから、心配ありません。

 

「貝克宅Roasting House」 店舗情報 とアクセスMAP

住所:台北市中山區南京東路三段89巷5弄4號
電話:02-2517-6722
営業時間:10:00~18:00、 月・火休
URL:https://www.facebook.com/wilbeckerhome/

アクセス:MRT「南京松江」駅か「南京復興」から徒歩7分

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|