台北生活の日記

チェックをすり抜けた強運な不良品マスクに当たった。

台北も寒くなって来て、着こんだり巻いたりと装着品が増えたせいか、マスクを忘れてでかけてしまうことがあります。
初回は、いつも明るく挨拶してくれるアパートの管理人さんが無言で怪訝な顔をしたので、ハッとなってUターン。こんな時に限って、バッグに予備も持ってないもの。
「マスクあるよ、持ってく?」
管理所のストックを分けてくれるとありがたいお声がけ、でもまだ時間に余裕もあったので、お礼を言って自宅に戻りました。

先日の気温がぐっと下がった日も、マフラーをぐるぐる巻いて家を出たものの、エレベーターの鏡を見て、すっぴんで出かけてしまったくらいびっくりした。またしてもマスク忘れ、慌ててUターン。
ちょっと急いでいたので、マスクをつかんで装着しながら出かけようとしたんだけど、つまんで広げ、ひもを耳にかける当たり前の動作が出来ない。
よく見ると、ひもを一本付け忘れた、不良品でした。

慌てて再び家に戻り、両側にひもがついているのを確認してから再出発。

毎日マスク生活をするようになってもう2年、考えて見たらこれまで一度も不良品に当たったことはありませんでした。
ちゃんと検品して完璧に出していた、これはすごいことだな。
チェックをすり抜けて来た不良品、ひょっとしたら強運なのかもしれないよ。

医療用マスクを求めて大騒ぎだったのに、今では色柄の選り好みやバーゲン品、コンビニでもぱっと買えるようになった。付け忘れて出かける私も、不良品を出すメーカーも、危機感が薄れているのかな。一枚くらい、仕方ないって思ってしまうもの。これが配給制で貴重なものだったら「ちょっとー!」って泣いて駆け込み訴えたと思います。うし年マスク、春節までに使わなきゃ。

 

台湾生活、マスクに関するコラム

 

春節限定・メイドイン台湾の吉祥マスク。可愛すぎて飾りたい全5種類メイドイン台湾マスク・春節吉祥スペシャルのセットを貰いました。お正月ならではの柄が5種類セットなので、初一(旧暦元旦)から初五までの春節お休み期間に毎日とっかえひっかえ使えそうです。...

 

【台湾マスク物語】どんな色でも君の色。台湾がピンク色に染まった理由「何色でもカッコいいよ」「色と性別は関係ない」 「君を守るマスクが、一番君に似合うんだ」 台湾がピンク色に染まった理由。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|