台北生活の日記

台北の桜とばらは背の高い椰子の木の下

3月の終わり、台北は雨が続いたけれど、まだ桜が少しだけ残っていました。
見上げる椰子の木のたもとに、背の低い桜。

人間の大人が背伸びをすれば花に顔を近づけることができます。マスク越しでも、桜の葉の香りが感じられる。うっとりボーっとしていた目の焦点を合わせたら、花に潜り込んでいるハチのお尻がすぐそこにあって驚いたり。

今年の桜は見納めかな。
今年も日本へ花見に帰ることが出来なかった。
何年か前の今頃、ドイツで満開の桜を見た。
あの時浮かれていた人達は、どうしているだろう。桜が終わると寂しい。どんな花よりも、いろんなことを、いろんな年のいろんな場所のことを思い出すせい?あと何回桜を見ることができるだろうと、大人なら多分いつか考える。

そんな曇りの日の台北で、くちなしの香りは足元から立ち上ってきました。
マスクをしていたって、遠くからだって、くちなしは隠れていたって見つけます。

先日出かけた台北ローズガーデン。


台湾ではバラが3月が見頃。
ばらは6月のイメージがある。多分日本にいたころ、子供時代の思い出や、ポーの一族ですりこまれたんだと思います。6月のばら。


ばらの好みはあるけれど、甲乙は付けられない。
でも台北ローズガーデンで一番気になって気に入ったのは、この椰子の木の下の不思議な、くるまれているような花。桜もばらも、椰子の木に見守られている台北の花の眺めは不思議で好きです。
今年も色んな花や木々を見つけましょう。

ローズガーデンの上空を、台北松山空港へ向かって行った飛行機。

 

真夏のプルメリアも楽しみです。台北植物園もとても好きな場所。

 

地獄のように静かな真昼の台北散歩、プルメリアの香りで顔をあげる。台北市内はレストランの店内利用禁止。正午すぎの中山エリアも多くの店が閉まり、地獄みたいに静かだと悲しくなった時、マスク越しにプルメリアの香り。上を向いて歩こう。今日の台北散歩です。...

 

【微解封】再開した台北植物園 から風と木、鳥のさえずり癒しのVibes動画で解除へのウォーミングアップ台湾は厳しいコロナ防疫対策を7月13日に「微解封」、台北植物園も営業を再開しました。入園は300人まで、出入口は和平西路側の一か所のみと制限付きですが、人が少ない今だから、風や鳥のさえずり、木々の音がよく聴こえます。完全解除へのウォーミングアップに、癒しのVibesYoutube動画を。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|