台北生活の日記

意識失ってる系のありきたりで簡単な生活。

台湾で小奇麗なカフェや書店、民宿を形容する「文青系」。どう日本語に訳すか、悩んだことがありました。
日本語が達者な台湾人の友達に
「文学青年、意識高い系?」
と尋ねると、
「そうかもしれないけれど、それだけでもない」
首を傾げていました。
そもそも「意識高い系」と日本語で言ったのを理解してしまう台湾人もすごいなと、そのことを振り返って感心したり。

 

私はこのブログの中で台湾のカフェをいくつか紹介していますが、「ここ良かったよ」「紹介したら」と勧められても「おー、」と笑って素通りした店がいくつかありました。いかにも文青系、インスタ映えの良さそうな、面倒くさい、しゃらくさい、私には居心地の悪い店。
その店の良し悪しを、私がジャッジするのでもありません。
好みではないところにまで、いちいち触りに行かない。それだけの簡単なことです。

 

意識高い系を気取ると足も舌もつりそうだし、意識低い系のキャラづくりで笑いを取るのも空しそう。だったら意識失ってる系かな。昭和から平成、令和を生きたら、自分の基準で好き嫌いは形成されています。知らなかったものとの出会いも長生きした分、そんなにいちいち意識せず、良し悪しは仕分けできるでしょう。

 

お前、きれいごとやウソ、他人の言葉をさも自分のものみたいに重ね着してないか。
その文章や写真、幼馴染や本当の友達、家族、子供達に顔向けできるのか。
高くも低くもなく、失っているようで、ちゃんとそこに意識はあるはず。ありきたりかもしれない生活の中にも、それをきちんとしている人、意識をひけらかさず正しい平凡さ、清々しい簡単さに触れると、心が落ち着きます。

 

 

「小鹿亂撞」小鹿が乱れ飛びぶつかり合うような気持ちとは「小鹿亂撞」は恋愛時に起きる不安定にアップダウンする心のことだそう。片思いの人にばったり会ってしまってどうしたらいいのかわからないようなときめきや、ドキドキする気持ち。台湾の女子も男子はそんな時、小鹿が胸の中で踊っているのだと思うと、可愛いね。阿里山で台湾梅花鹿と触れ合える場所の紹介も。...

 

フォローを外して楽になる。集め過ぎずに、好きでいる。インスタグラムで「#台南」「#tainan」はフォローを外した。 流れてくるのが、景色やお店を背景にした「どちら様ですか?」な素人さんの自撮りばかりになったから。情報!情報!と神経をすりへらして無神経になる前に、ひと休み。好きだからこそ、なんでもかんでも集めないでおく。...

 

インスタグラムで写真を無断転載&フォローされ、戸惑いつつ警告。取り下げ対応3ステップSNSで見知らぬ人との意見の違いは心の中で「ほっほー」と無言で流すけど、コピーやパクリ、無断転載をされたなら、きっちりかたがつくまで話しかけ続けます。今回は、花蓮で撮った猫の画像をインスタグラムで無断転載された顛末と、やめさせるまでの対応の3ステップ...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|