台北生活の日記

BCGのはんこ跡見て「どうしたのこれ!」「ドラゴンボール?」

左腕にあるBCGの跡を、長年気にも留めずに生きてきました。
最初に「これが目印になる」と気づいたのは、まだ携帯電話が普及していない時代の真夏の香港、尖沙咀の廣東道で。顔を知らない待ち合わせの相手に「ミミさんですか」と声をかけられ「そうです、よくわかりましたね!」と驚くと
「腕にBCGの跡があるから、日本の方だと思って」。
そう言われて初めて気が付いた、香港の人達の腕には、このハンコのような印は無いこと。

 

香港の職場で同僚に突然
「ミミさん、どうしたんですかこれ!」
飛びつくように私の左二の腕を掴んで叫ばれたこともありました。
「BCG注射の跡ですよ」
やっぱり珍しいのかな。それにしても、あまりの驚きようにちょっとたじろいで答えると
「跡が残る注射?こんなのがあったら、ミス香港コンテストに応募できないじゃない!」
ちょうど、毎年恒例のミスコンテスト「香港小姐」の季節でした。
「そうなの?でも私は応募しませんし…日本のコンテストでは、特に問題にならないと思いますよ」
同僚はちょっと落ち着いてからも「あり得ない、あり得ない」としばらく憤っていました。私には当たり前すぎて目にも気にも留めなかった、腕に並ぶハンコのような注射跡。見慣れない人には、異様な印と感じるのかなあ。

新型コロナウイルスがまん延してからいろんな話が流れて来て、「日本や台湾の死亡率の低さは、BCG予防接種の東京172株が効いているのではないか」とまことしやかなデータまで出ているのを見ました。台湾の衛生福利部(厚生省)のサイトなどを見ると、台湾でも数年前から日本と同じTOKYO172 というタイプを導入しているらしい。どうなんだろうねえ、でも私達が打ったの、昭和だよ?まだ効いてるなんてこと、あるのかな。

そんな話を台北・永康街のカフェで年下の友達としていたら、
「私もありますよ!」
彼女は自分の腕のBCG跡を見せながら
「私の友達も、なにこれっ?と驚いたけど
『ドラゴンボールみたいでカッコいい』
と言われました」

ドラゴンボール!
私達はお白洲で片肌を脱ぐ遠山の金さんさながら、桜吹雪ならぬ「ドラゴンボール」を見せあって、大笑いしました。

 

今度誰かにたずねられたら、「これ?ドラゴンボールよ。」と澄まして答えてみよう。

 

雨上がりの小さな水たまり。コンクリートに犬の足跡

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|