台北生活の日記

台湾全家・冷壓椰子水 ファミマのココナツウォーターを夏の潤いに。

台湾でボトル入り飲料を買う時、選択肢があるなら私は「全家」ファミリーマートに入ります。全家オリジナルの「FamilyMart Collection」がわりと好きなの。

去年よく飲んでた「海鹽茘枝飲」シーソルトライチ。今年は見かけず、公式サイトにも掲載されていませんでした。「海鹽檸檬飲」シーソルトレモンは通年見かけます。

去年のシーソルトライチ。今年はリストに入ってないみたい

 

 

お茶が欲しい時は、四季春青茶。

コンビニで買えるペットボトル入りのお茶なら、ファミマの四季春青茶が一番好きです。茶葉入りのボトルでも苦くならない。お茶本来の甘みと爽やかさ

 

茶葉が入ったまま?と驚かれるこのボトル。台湾に来た友達やロケ隊のクルーとコンビニで買い物中、「どれがいい?」と聞かれてこのボトルをすすめすると、「美味しくてデザインも素敵」と喜ばれます。

それにしても、茶葉が入ったままなのに苦くも渋くもならないのはどうして?以前、「台灣全家」PRの方にたずねたら、コールドプレスする時に茶葉の成分を出し切っているからなのだそう。でも絶対に茶葉は食べないでと言われました。食べちゃダメよ。

 

蒸し暑い台湾で、街歩きよりも体力を使う動き方をした時は、「冷壓椰子水」。100%ココナツウォーターです。

「冷壓」ってコールドプレスかな?と思ったら、HPP(High Pressure Processing)という高圧の低温殺菌処理をしたものだそう。

 

ココナツ独特のほのかな甘みと少しの渋みが、汗をかいて疲れた体に染みて美味しい。このココナツウォーターにはナトリウムが含まれて、320㎖で77カロリー。ジュースや炭酸類、砂糖がどっさり入ったミルクティーを飲むような罪悪感はないかな。

これはベトナムのビーチで飲んだココナツジュース。冷たくて美味しかった。本当はこういう「ダイレクトにいく」のが一番栄養価も高いですね。

 

 

香港でも、街歩きやロケの合間にココナツウォーターをよく飲みます。台湾よりも、コンビニなどで扱う種類が多い気がする。

ある方の香港ロケ中「適当に、ローカルっぽい飲み物を小物で持たせたい」とリクエストがあり、近くのコンビニで買ったココナツウォーター。日本から来た方には癖が強く感じられるかな?大丈夫かな、と心配しながら見守っていました。
夜の油麻地でポーズを取りながらココナツウォーターを一口飲んだ彼女、一瞬素に戻ってボトルを見つめ「美味しい」。
嬉しかった。この街を歩き回る空気も気にいってもらえたように感じました。

香港の店開き前の屋台のところにいた猫。 ちょっとうちの猫に似てる。うちの猫を拾った場所の近所だから、親類かもしれません。

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|