台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

手洗いを繰り返す日々、ネイルカラーで気持ちをあげる。

最近、抗菌ハンドソープの減りが異常に早い。
新型コロナウイルスに感染しないよう、マスクをするだけではなく手洗いが大事と言われて、気にしているからだろう。

私は元々手を洗うのが好きで、帰宅時も、留守番していた猫をまさぐりたいのを堪えてまず手を洗う。外から何を持ち込んだか分からない手で、猫に触れてはいけないと思っている。

気分があがらない、なんだかモヤモヤする時も、手を洗う。洗うと、気持ちまでさっぱりする。

 

洗いすぎると手が乾燥気味になるから、ハンドクリームもこまめに塗る。一日に何度も自分の手を見る時間が増えると、指先にも彩りがあったほうが楽しい。とくにこんな時期には、少しでも明るさを添えたい。

ネイルサロンに行きたいけど、日本人というだけでちょっと敬遠されるかもしれない。台湾に住んでいて日本にはしばらく行っていないと予約時に説明しておいたほうが、サロン側も安心かもしれない。でも他のお客様が「日本人がいる」とちょっと神経をとがらせる可能性もあるし…。

 

 

しばらくは、セルフネイルを楽しもうかな。色や質感の種類が多いKOSEの「NAIL HOLIC (ネイルホリック)」、グリーン系も試してみたいと思っていたら、台北の日藥本舖でも売っていた。小さくてカラフル、値段も手ごろなので、いろいろ試して楽しめる。最近は一色使いだけでなく、2、3色使いをするのも好き。

くすんできたらすぐ落として爪を休めて、また塗りなおす。手洗いだけじゃなく、爪もケアして短めに、清潔さを保つように心がける。

 

ネイルといえば、台北で会社に勤めていたころ
「日本人社員の爪が派手過ぎる」
とプンスカしているお姐樣がいた。
彼女の機嫌次第でネイルが規制される可能性もあったので、
「〇〇さんや△△ちゃんのこと? 確かにネイルがキラキラしてるよねー。彼女たちの部署、超激務じゃない?忙しい時にキーボードをたたきながら綺麗な爪を見ると、ほっとするんだって。ストレス解消になるって言ってたよ。見逃してあげて」
と諭すと、勤務状況をよく理解しているお姐様もなるほど、という表情になり「仕方ないわね」と、振り回しかけた矛先を修めてくれた。

香港で勤めていた頃、自分のデスクのうえにタッキーが表紙のアイドル雑誌を広げていたら、日本人の上司に「なにを見てるんだ!」と咎められた。香港旅行が絶好調の頃だった。
「忙しくて気が狂いそうなんです。だから可愛いタッキーに癒されているの」と答えると「そうか…」と、見逃してくれたうえ「ちょっと見せろよ。俺は長瀬がいいな、載ってる?」「載ってるー」と、盛り上がったっけ。会社の損害にならない、お客様に失礼なことでなければ「見逃すことも大切」と、あの時の上司が教えてくれたんだ。

 

そんなことを思い出した春色のネイルで、ちょっと気持ちを立て直す。
2020年のこの季節を、乗り越えていこう。

新型コロナウイルス関連のコラム

 

 

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|