台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

台湾で感染者が急増。人出の減った寧夏夜市に灯るエネルギー。

台湾で感染者急増。台北市と新北市は5月15日(土)、新型コロナウイルス警戒をレベル3に引き上げ。台北市内でクラスター、市中感染の激増で街に緊張感がひび割れみたいに走り、息をひそめるような、危うい感覚に包囲されているような。多くの飲食店で実名制を導入、入店時に名前と連絡先を残したり、ドリンクスタンドでは店内利用は一時取りやめてテイクアウトのみにしたり、バーは営業そのものを休み。

数日前には夜市にも実名制を取り入れる話が出て、「まさか」と思いつつも取材しなければならない案件を急ぎ、水曜日に寧夏夜市へ。
いつもよりもほんの少し、人が少ないように思えた。
でも、まだお店の灯りはついていて、人の行き来はあった。

いつも大勢並んでいる「劉芋仔」。ちょうどいいタイミングで人がいない奇跡の瞬間、思わず「各一個ください」と買ってしまった。「ありがとうね」とおじさんの笑顔。買っている私の背後では、英語で「いつも大勢の人が並んでいるとても人気のあるタロ芋フライのお店です。中に塩漬けたまごの黄味を入れたものが美味しいですよ。ミシュランの屋台料理部門でも推薦されました」と説明している声が聞こえた。台湾に来たばかりの外国人を連れてきていたみたい。

揚げたてなので、アッツイ、あっつぁ!と言いながら撮りました。皆さんも気を付けて。

 

 

取材をさせてもらったお店のおかみさんも
「こんな状況だから人は、減っているわね」
とほろ苦さをにじませながらも、笑顔で話してくれた。
夜市に灯るあかりや、ひとの笑顔の明るさに、エネルギーを感じた。
あれからたった数日で、台中では夜市をクローズする。故宮博物院の北部もクローズで、再開日は未定。南部は通常通りとのこと。配合臺北市政府防疫升級 故宮北部院區15日起閉館

現時点で北部の夜市についての報道は出ていない。
どうにか乗り切ろう。頑張ろう。台湾。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|