台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

新型コロナウイルス 犬と猫に感染ケースと注意点【香港、ベルギー】

2月28日深夜、香港政府がニュースリリースで、新型コロナウイルス感染者が飼っている犬から弱陽性反応があったと発表。

 

深夜の報道で香港の動物関連SNSがざわつきました。香港政府のニュースリリースから、情況を確認したものをまとめます。
犬や猫、ペットへの接し方注意点も掲載しました。

2020年3月28日追記:ベルギーで猫に感染のニュース
2020年3月18日追記:陰性となり帰宅二日後に死亡。
2020年3月14日追記:香港政府は犬の血清検査結果は陰性と発表。
2020年3月5日追記:香港政府はペットへの感染確定と発表。

2/28 新型コロナウイルス 患者のペットに陽性反応

 

✔確認したのは「漁農自然護理署」(動物検疫を管理している政府部門)

✔新型コロナウイルスに感染が確認されている患者の住居からペットの犬を港珠澳大橋口岸動物居留所に移送。

✔犬の口腔、鼻腔、肛門でサンプルをとり検査を行ったところ、口腔と鼻腔から「弱陽性」が確認された。

✔犬に症状は出ていない。

✔香港ではこれまでペットへの新型コロナウイルス感染は報告されていない。

✔漁農自然護理署は新型コロナウイルスの感染者のペット(哺乳類)に対する検査検疫を推奨する。ペットは同署指定の機関で14日間、獣医による観察、数回の検査を行い、陰性と確定すれば返す。

✔ペットに触る時には手を石鹸で洗いアルコール消毒を行うこと。ペットの健康管理に注意し、体調の変化があれば獣医に相談すること。

香港政府ニュースリリース:狗隻對2019冠狀病毒測試呈弱陽性反應

 

 

2月27日には北海道獣医師会からも呼びかけられていました。

 

香港政府のニュースリリース原文は下記の通りです。

 

漁農自然護理署(漁護署)發言人今日(二月二十八日)表示,一隻居於2019冠狀病毒病確診者家中的狗隻對有關病毒測試呈弱陽性反應。

  漁護署於二月二十六日接獲衞生署轉介,指一名2019冠狀病毒病確診者的狗隻需交予漁護署。漁護署人員同日傍晚到大坑一住所接走有關狗隻,隨即送往港珠澳大橋口岸動物居留所,並從其口腔,鼻腔及肛門抽取樣本進行新型冠狀病毒測試。其中口腔及鼻腔的樣本在測試中呈弱陽性反應。該狗隻並無任何相關病徵。

  目前港珠澳大橋口岸動物居留所內只有以上狗隻接受檢疫,並沒有其他動物。署方人員會加強清潔消毒居留所內的設施。

  雖然漁護署現時未有數據證明寵物會感染而發病或傳播2019冠狀病毒,但署方對上述狗隻進行密切監察,並進一步抽取樣本化驗,以確定該狗隻是已感染該病毒或是其口及鼻部從環境中沾染病毒。署方會繼續為有關狗隻進行反覆測試,待測試結果呈陰性後,才會把狗隻交還。

  漁護署發言人表示,為確保公眾及動物的健康,署方強烈建議2019冠狀病毒病確診者的寵物(哺乳類動物)接受檢疫。牠會被送往漁護署指定動物居留設施接受為期14天的檢疫和獸醫學監察,及按情況進行新型冠狀病毒測試。

  發言人提醒畜養寵物人士,須經常保持良好衞生習慣,當與寵物接觸後,應使用肥皂和水或酒精搓手液徹底清潔雙手;畜養者外出應佩戴口罩。發現寵物的健康狀況出現變化,應盡快尋求獸醫的意見。

2020年2月28日(星期五)
香港時間0時55分
今後もニュースに留意します。

ペットには感染しないとどこかで読んで、それなら良かった少しは安心だと思っていました。手洗い、消毒、ますます気をつけなければなりません。

人懐こい子に出会っても、むやみに触って飼い主さんに無用な心配をさせない。みんな可愛い、大事な子です。

3/4 新型コロナウイルス 人からペットへの感染

3月4日に香港政府から、人からペットへ初めての感染例とリリース。

✔2月28日、3月2日にも検査を行い、いずれも弱陽性反応。
香港大学公共衛生学院、城市大学動物医学及び生命科学院、WHOの専門家が協議し、低度ではあるが人から動物へ初めて感染例と結論。

✔犬に症状はみられず、検疫所で引き続き経過を見守り検査を行い、陰性になれば飼い主のもとへ戻すとのこと。

✔漁護署は患者のペットを検疫に預け検査を行うこと、いかなる状況でも絶対に飼育放棄をしてはならないと強く呼びかけています。

この犬は高齢で心臓に持病があると香港では報じられていました。(飼い主が薬を受け取りに行った動物病院の消毒作業など)

症状が出ていないのは幸いです。検疫所でしっかり診てもらい、家に帰ることができますように。

3/12 血清検査は陰性、引き続き検査と観察

香港政府はニュースリリースで、感染が確認されていた犬の血清検査の結果、陰性と発表。ただし、血液中の抗体が出来ていないことイコール感染していないとは判断できないので、引き続き検査を行い、観察するとのこと。犬に症状は出ていないそうです。

3/17 陰性で帰宅2日後に死亡

漁農自然護理署によると、12日、13日の検査で陰性が確認できたので14日には飼い主の元に引き渡し。その二日後、16日に亡くなってしまったそうです。飼い主の意向で、死因の解明はしないとのこと。
17才のポメラニアン、心臓に持病があり飼い主が立ち寄った動物病院を消毒したという報道がありました。
いきなり飼い主と離され、知らない場所、検疫所で心細かっただろうに。頑張った。残念だけれど、せめて最後は家に戻れて、それだけはよかった。

 

ベルギーで猫に新型コロナウイルス感染を確認

ニュースのポイント

✔ ベルギー保健当局はペットの感染例はまれで、当局はペットから人に感染する危険性はないとしている。

✔ベルギー食品安全庁の発表によると、香港では「犬には全く症状がなかった」ものの、ベルギーでは猫に「一過性の呼吸器系・消化器系の問題」がみられた。

新型コロナ感染予防、ペットとの接し方注意点

上記ベルギーでの感染例ニュースから

✔ ウイルスがペットから人や他のペットに伝染する証拠はない

✔人から動物への伝染を防ぐため、基本的な衛生ルールを守る。

✔ペットとの密な接触を避ける。

✔動物に触った後には手を洗う。

✔動物に顔をなめさせない。

 

新型コロナウイルス関連のコラム集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|