香港あるある

「当然のことです」CMの決め台詞を返してくれた阿Sir 香港警察の思い出②

香港の町中では二人組で巡邏する警察官の姿をよく見かけます。

随分前のことだけれど、香港のTVCMでひったくりにあった市民が警察官に助けられ、

「唔該晒阿Sir」 ありがとうございます、おまわりさん

「應該嘅」当然のことです

という会話の内容でした。
いくつかパターンがあったと記憶していますが、おまわりさんの

「應該嘅」が決め台詞。

日本人の友達と、香港の街なかでトラブルに遭遇してしまい困っていたら、通りかかったおまわりさんが助けてくれたことがありました。

その時はなんとなしに「唔該晒阿Sir」 とお礼を言ったのですが、おまわりさんが数秒置いて「應該嘅」と答えたので、広東語を理解する友人とふたりで

「ギャー、ほんとに言ってくれた!あの台詞!」

と私たちは大喜び、おまわりさんは生真面目な顔を崩さず、ちょっと赤くなってすっと行ってしまいました。

そんなことも、あったんだよね。

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|