台北生活の日記

台北・公館の「レノン・ウォール(連儂牆)」 で 台湾の小学生たち「香港加油」

台北・公館地下道 期間限定の「レノン・ウォール

(連儂牆)

 

「香港邊城青年」が中心となり台北市大安區警察署の許可を得て、2019年9月10日まで行われました。写真と動画、アクセス方法を紹介します。

台北公館地下道 レノン・ウォール(連儂牆/Lennon Wall)概要

 

期間:2019年8月3日~9月10日(当初8月17日までだった予定を延長)

イベント主催者のFacebook:
https://www.facebook.com/events/1275783419269946/

場所:公館地下道(24時間開放)
地下鉄MRT「公館」駅すぐ、新生南路三段羅斯福路三段が交差するところに、地下道への入り口があります。台湾大学のヤシの木が並んだ門を目安に。

 

公館地下道レノン・ウォールでメッセージを送るには

メッセージの貼り付けは、許可されたエリア内、期間中なら自由です。

香港のレノン・ウォールでは、諍いやトラブル、暴力事件が複数発生しています。

台湾では今のところ大きなトラブルは発生していませんが、訪れる際には日中・人の多い時間帯に行き、万が一言いがかりをつけられそうになったら、速やかに身を守って退避してください。

「勿貼」と書いてあるスペースは貼り付けNGです

 

剥がしてはいけません。一つ剥がしたら10貼ります。あなたの気持ちも書いてみましょう。

 

ペンとメモも用意されています。「777」広東語では罵り言葉です。

 

香港での一連の出来事を日ごとに追ったプリントも

 

香港市民「五大要求」のお札。先日、有名な廟「黄大仙」の地区でも催涙弾が放たれ、「黄大仙」のお札をモチーフにしたお札が作られました。左から「逃亡犯条例の撤回」「暴動の定義取消」「検挙された義士の釈放」「第三者調査委員会の設立」「普通選挙の実施」

 

レノン・ウォールですれ違った台湾の小学生の声「香港 加油」(動画)

公館の地下道に入りレノン・ウォールを動画で撮っていると、向かいから来る小学生たちが「香港、加油」「香港人、加油」。歩きながら國語でいう子供たちの可愛い声が聴こえました。

君たちの未来、台湾にも、幸多からんことを。

 

ジョン・レノンに最後の質問。「いや、香港に行って町を歩いたからだ」ジョン・レノンがオノ・ヨーコとともに受けた最後のインタビューが行われたのは1980年12月6日。 私の手元にある文庫本、「ジョン・レノン ラスト・インタビュー/中公文庫 池澤夏樹訳」の中で、ジョンが香港についてほんの少し、でも大切なことを話しているので一部引用して紹介します。...

 

「時代革命」東京やカンヌでゲリラ上映だった香港の記録映画、台湾で世界初の正式ロードショー。香港のドキュメンタリー映画《時代革命》の台湾ロードショー上映を、周冠威(Kiwi Chow)監督が30秒の動画で宣言しました。カンヌ映画祭や東京国際映画祭では諸々の事情で上映直前に情報解禁するなど、気を使われている作品の、世界初堂々全国ロードショー。映画を選ぶ自由のある人すべてに見てほしい。...

 

本を読み映画を選んで観る自由、感想を語り合う幸福繰り返し読む本を持つこと。知らなかった物語に、はからずも出会うこと。友達とのおしゃべりの合間に、読んだ本の感想を語り合うこと。 なんでもない当たり前の日常が、もしかしたら幸福なことなのかもしれないと思い知らされる。...

 

台北の地下鉄で泣いていた香港人と、台湾の人たち。「あなたは香港人ですか?」 彼女が尋ねると、 「はい。すみません、香港中文大学のニュースを見ていたら、こらえきれなくて……」 彼は台湾人の女の子から受け取ったティッシュで目をぬぐって言った。 「あそこには僕の同級生、友達がいます。彼らは血を流し、抗争の中にいる。だから僕は、今から空港へ行って香港に帰る」 ...

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
ライター/コーディネーター。 香港から猫を連れて台北へ移住後、30年ぶりに東京暮らし。満喫中。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|