台北生活

台北・公館の「レノン・ウォール」 で 台湾の小学生たち「香港加油」

台北・公館地下道 期間限定の「レノン・ウォール」

「香港邊城青年」が中心となり台北市大安區警察署の許可を得て、2019年9月10日まで行われる予定。

写真と動画、アクセス方法を紹介します。

台北公館地下道 レノン・ウォール(連儂牆/Lennon Wall)概要

 

期間:2019年8月3日~9月10日(当初8月17日までだった予定を延長)

イベント主催者のFacebook:
https://www.facebook.com/events/1275783419269946/

場所:公館地下道(24時間開放)
地下鉄MRT「公館」駅すぐ、新生南路三段羅斯福路三段が交差するところに、地下道への入り口があります。台湾大学のヤシの木が並んだ門を目安に。

 

公館地下道レノン・ウォールでメッセージを送るには

メッセージの貼り付けは、許可されたエリア内、期間中なら自由です。

香港のレノン・ウォールでは、諍いやトラブル、暴力事件が複数発生しています。

台湾では今のところ大きなトラブルは発生していませんが、訪れる際には日中・人の多い時間帯に行き、万が一言いがかりをつけられそうになったら、速やかに身を守って退避してください。

「勿貼」と書いてあるスペースは貼り付けNGです

 

剥がしてはいけません。一つ剥がしたら10貼ります。あなたの気持ちも書いてみましょう。

 

ペンとメモも用意されています。「777」広東語では罵り言葉です。

 

香港での一連の出来事を日ごとに追ったプリントも

 

香港市民「五大要求」のお札。先日、有名な廟「黄大仙」の地区でも催涙弾が放たれ、「黄大仙」のお札をモチーフにしたお札が作られました。左から「逃亡犯条例の撤回」「暴動の定義取消」「検挙された義士の釈放」「第三者調査委員会の設立」「普通選挙の実施」

 

レノン・ウォールですれ違った台湾の小学生の声「香港 加油」(動画)

公館の地下道に入りレノン・ウォールを動画で撮っていると、向かいから来る小学生たちが「香港、加油」「香港人、加油」。歩きながら國語でいう子供たちの可愛い声が聴こえました。

君たちの未来、台湾にも、幸多からんことを。

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|