台北生活の日記

2年ぶりの「欣葉創始店」21/22尾牙&新年会で思い出話とこれからのこと

2年ぶりに台湾料理の「欣葉」創始店で食事会。
2022年新年会のような、旧暦ではまだ21年末だから「尾牙」忘年会のような楽しい集まりでした。


コロナの2年間、日本人に人気のお店からはぱったりと遠ざかってしまった。記録をみると、欣葉に最後に来たのは2019年11月でした。あの日どなたと何を食べ、危機一髪でテーブルから厨房まで走ったこと、昨日のことのように覚えています。楽しかったな。
2年ぶりに来た欣葉、今日はコーディネーターの大先輩たちと。
「この料理は●●さんがお気に入りだったよね」
「〇〇さんはこれを一口食べたら、懐かしいって泣きだしちゃった」
日本から来られたお客様のアテンドで来ると、コーディネーターは料理の味を落ち着いて噛みしめることはほとんどありません。でも、欣葉ではどのメニューにも笑い話や思い出話がある。みんなの話しを楽しくあれこれ聞きました。レバー炒めに香菜乗せればパーフェクト。台湾の方は結構パクチー苦手な人が多いです。

欣葉は味もホールスタッフのサービスも、老舗の安定、安心でリラックスできます。コロナ禍で利用者を安心させるため、スタッフ全員が胸に「今日の体温」を提示しているのも面白い工夫。
ビールを頼むとスパっと叩き落とすように栓を抜く音にびくっとして、そうそうこれが「欣葉」だ、と懐かしさがわあっとこみ上げてきました。

いも粥にじゃことピーナツ、刻んだ唐辛子を炒めたの。豪華な料理も嬉しいけど、欣葉はこれが神髄。
夜遅い時間になっても、落ち着いてきちんとした料理が食べられるのはありがたいです。今はコロナでラストオーダーも早くなっているみたいだけど、旅行が復活するころには、営業時間も延びて夜遅くにやあやあとなだれ込めるかな。


みんなでテーブルを囲んでご飯を食べると美味しいね。
ニコニコしながらきびきび動いてくれるスタッフの温かい気配があると、なおさら美味しく感じます。

「欣葉 創始店」 店舗情報

住所:台北市中山區雙城街34-1號
電話:02-2596-3255
営業時間:11:00~21:30
無休
https://www.shinyeh.com.tw/

アクセス:MRT「中山國中」駅から徒歩7分

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|