台北のおすすめカフェ ピックアップ

ブログで紹介したカフェの中から、とっておきの20店をテーマ別・地図つきでご紹介

「台北カフェ BEST 20」 へ

SNSに無断掲載+顔にスタンプは没禮貌(失礼)!人の顔に落書きしてまで「友達と一緒にいる楽しい私」を全世界配信したいですか

台湾エッセイ

海外にいる身としては、日本にいる家族や友人たちとの「安否確認」ツールとして、SNSはとても助かっているものの

ちょっと待てい!

と思うことも、増えてきました。

もう世界中どこでもそうかもしれないけれど、台湾でも平気で他人にスマホのカメラを向けてくる人はとても多いです。

でも、「ごめんなさい、撮らないでね」と言えば、ほぼ100%の人がすぐに手を下げて止めてくれます。以前ちょっと神経質になったロケ現場の近くでカメラを構えている男の子に「撮らないで」と声をかけたらびっくりされ

「僕たち猫を撮っているんです」

草むらの中を散歩している猫を撮影している少年たちを隠し撮りと誤解してしまい、本当に申し訳なかった。素直で気を悪くするふうでもなかった彼らに謝って、「こっちにも猫いますよ」と教えたりしました。

他人やすれ違いざまの人からカメラを向けられることや、あきらかに肖像権を守らなければならない場合には「やめてください」と言えます。

困るのは、無邪気な知人による「無断撮影」「無断掲載」「無断加工」。

親しき仲にも礼儀あり、親しくないなら遠慮して!SNSでの他人が映っている画像取り扱いについて、私の思うところをまとめます。

スポンサーリンク

「タグ付け」まえにお伺いは、基本中の基本

飲み会だ、集まりだと写真を撮り、映っている人をタグ付けしてFacebookに掲載するのは、友達いっぱい作ろうね!と無邪気でいられるひとの特権だと思います。

仕事やお付き合い、家庭の人間関係や「今このタイミングではだめ」「ちょっと知られたくない」などデリケートな理由、自分の知らない人に自分の名前と容貌を知られたくない、自分がいつどこで誰と何をしていたかをむやみに公表したくない人も、大人の世界にはたくさんいます。

なので、

「載せるよ」

「いいよ、でもタグ付けはしないで」

あるいは

「タグ付けしても大丈夫?」

「いいよ」「ちょっとやめといて」「友人限定ね」

など、画像掲載とタグ付けはひとこと声をかけて確認するのが当たり前になってきました。FBにはタグ付け承認するしないを選ぶ機能もあるから、この点に関しては自分でコントロールできます。
私もカフェや旅行情報のブログを書く時、被写体になる人には掲載可否を必ず確認しています。

スタンプで隠すのは、こどもや通行人の容貌

顔にスタンプ。わたしはこれが大嫌いです。ひとの顔に勝手に絵を描くのはとても失礼だと感じるのからです。

不特定多数の人が見るかもしれないSNSで、顔を出したくないと思うのは、ごく当たり前のこと。

風景を撮っていて映り込んでしまった人や、こどもの容貌を隠すためのモザイクなどの加工は、誰がどこで目にするかわからないのだから、きちんとしておくべきでしょう。

でも、「一緒に映っている人の顔をスタンプで加工して掲載・発信する行為」は、多くの場合、相手に承諾を得ていないのではないではないでしょうか。

少なくとも私は

「載せたいからあなたの顔をスタンプで隠してもいい?」

と事前に確認されたことは、一度もありません。

もし聴かれたら

「加工しないで、そのまま載せて」

または、

「たとえ顔をかくしても体の一部や服装、装飾品が映り込むから、一切載せないでください」

と答えます。

でも、残念ながら他人の顔に加工を施すような人は、そもそも「加工して載せてもいいですか」と尋ねる気遣いなど無いというのが、私の経験上で出た結論です。

台湾人も「失礼だよね」と憤る顔スタンプ加工

香港で、友人がある日本の機関に提出した資料の顔写真の上にホチキスを止められたことがありました。目に涙をうかべて怒る彼女が苦情を申し立てたいというので、手伝いをしたことがあります。

写真大好きな台湾の友人たちは「顔にスタンプ」をどう感じるのかたずねたら、多くの人が眉をひそめて

「あれ嫌い。ひとの顔に絵を描いてつぶすなんて、とても失礼よ」

と言っていました。そもそも台湾人は顔出しオッケー!なおおらかさがありますが、その反面、「面子」を大事にする。失礼なことをとても嫌うのですね。

とはいえ、どこの国にも「別にそんなの気にしないよ」「好きにしたらー」という人もいるし、細かいことを言っていたらSNSをやっている人やブロガーの友達と遊びに行く時(写真に写りこんだら加工されてしまう、掲載されてしまう)と変に気を使い、疲れてしまいます。

他人の顔に落書きしてまで「友達と一緒にいる楽しい私」を全世界配信したいかな

遊びに行ったり食事をしたり、楽しい時間を過ごすしたいだけ。写真を残すために出掛けるわけではありません。

撮影のために食事や乾杯にお預けを食らうのは慣れました。その時間が楽しいなら、気にならない。

恐ろしいのは、いつの間にか撮られた写真の顔にスタンプを押されてブログかなんかに「台湾で〇〇として活躍するAさんと△△にお勤めのBさんとごはん♥」なんて勝手にアップをされること。「やだこの人、頭も性格も悪かったの?」と寒気がします。いちいち肩書つけて盛ったおともだちごっこに巻き込まないでおくれやす。楽しかったねー!と言いながら人の顔に落書きや加工をしているなんて怖いし、本音では私のこと嫌いなんだね?とも思うじゃない。

「考えすぎだよ」「悪気はないよ」「逆に気を使って、隠してくれたんでしょう」

と言われても、私は自分の尊厳を守る一線をそう簡単に緩めることも、下げることもできません。考えすぎ上等じゃい。

自分の都合でブログやSNSに他人の画像を載せたいのなら、失礼千万百も承知の上で

「あなたの顔に落書きしてでも、私は【お友達と一緒の私】の写真を世界に向けて発信したいです」

と言葉に出して掲載前におうかがいをたててみてください。

「やだよ」

と私はお断りします。

 

たとえ後姿でも、人の写真を使うなら事前に言おうよ、載せるって。

 

台湾・香港で誤解を招く・嫌がられる中国語
文化や習慣、考え方が違うから、話し方も異なる 日本で中国語をかじってきた人が台湾や香港で片言をしゃべり、現地の人が苦笑いをしたり凍り付いたする場面が時々あります。私も多分やっているし、香港から戻ると広東語訛りが強くなる(らしい)中国語...
台湾人が親日で優しいって本当かしら?香港から移住した日本人から見えたこと
「台湾人が日本人と欧米人に優しいのは、国際的に認めてほしいからですよ」 プライベートで中国語を教えてくれた、台湾人の先生に言われた言葉です。19年暮らした香港から台北へ引越してきた私には、なんとなくその意味がわかりましたが、うんともいいえ...
謝謝は一期一会。ある日本の俳優と、雨の華山1914で短い会話
今度いつ言えるかわからないから、そのたびに、何度でも 東京で暮らしていた頃、森瑶子さんの小説やエッセイを夢中になって読み漁りました。彼女の描く世界、苦くても爽やかさが残る一種のハッピーエンド、女性たちの言葉や姿に、憧れや学ぶことがいくつも...
台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。