台湾のめしどころ・レストラン

「司機倶樂部(スージークラブ)」台湾食堂で魯肉飯・鶏肉飯・普通のおかずを食べる普通の日

「スージー・クラブに行きましょう」

というと、一帯どんな場所?クラブ?スージー?レストランなの?とびっくりされますが、魯肉飯が有名な普通の食堂です。
店名の「司機」の発音が「スージー」なので、そのままの読み方ですね。

お昼時と、夕方から午前4時まで開いている、南京東路の司機倶樂部。気取らずに、気合を入れず、気兼ねない友達やクルーと立ち寄ります。

店先に並ぶおかずを指さし注文で。とくにメンマのにつけ、しょっぱくなくて美味しいので、持ち帰りにもしています。

 

夜便で台北に来た友達やライブを観た後の夜食。
ちょっと飲んでから〆の魯肉飯または鶏肉飯が食べたくなった時。

鶏肉飯にも魯肉ソースが少しかかっているので、さっぱり目に食べたい時はこちらが良い。

 

徒歩5分ほどの饒河街夜市ロケの後座って何か食べたい時、スープが飲みたい時。
おかずだけ買って、家で白飯を炊いてゆっくり食べたい時。
気軽に行けるスージー・クラブです。

魯肉飯におかずを2品くらいとっても70元程度。
外でお弁当を買うよりも少し安くしあがります。

司機(スージー)は中国語で「運転手」のこと。運転手の口コミで人気になったお店なら、安定間違いなし。

英語で店名を言うなら「ドライバーズクラブ」かもしれないけど、「Suzy Club」のほうが謎めいていて好きなので私はそう呼んでいるし、人にも「スージー・クラブに行きましょう」と話しています。

なのに先日「スージークラブに行きたいです」とリクエストが入って「えっ?!」とびっくり、それから嬉しくなりました。

魯肉を煮る壺のような鍋。使い込まれて、美味しい味が約束されている印みたい。

 

近所の人がサンダル履きで来るお店。「お椀に一杯、魯肉飯ちょうだい」どんぶり片手にお使いに来る男の子がいたり。

旅行の時にわざわざ行かなくてもいいかもしれない、でも、近くにいるなら寄ってみてほしいな。日本語メニューなし、会話も中国語のみ。愛想はそんなにないけど、ちゃんと見ていてくれる優しい店員さんたちがいます。

司機倶楽部(スージー・クラブ) 店舗情報

住所:台北市松山區南京東路五段399之2號
営業時間:11:00~13:30、17:00~04:30ごろ
土曜日は昼営業なし
日曜定休


アクセス:MRT「南京三民」駅 3番出口から南京東路沿いに真っすぐ歩いて10分ほど。バスなら306や307、204などで「南松山」のバス停がすぐ近く。

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|