MENU
東京生活

台湾の果物で一番好きなパイナップル。まるごと買って香りと味と形状を愛でたら、クラウンを植えてみる

台湾パイナップルが日本のスーパーマーケットでずらりと並ぶようになったのはいつからかしら。
私は台湾の果物ではマンゴーやライチよりもパイナップルが好き。でも、スイカやドリアンのように、大きくて重い果物を丸ごと買うのはなかなか勇気がいります。
そうはいってもパイナップル。形状も、切る前から漂う香りも好きすぎるので、5月の夕方に買って帰りました。家から徒歩5分のスーパーマーケットで。

「パイナップルを食べたあと、頭をホイと庭に投げたら育った」というお話を聞いて(そんなおとぎ話みたいなことが起きるのは特別なおうちなんだろうな)と思っていました。
パイナップルは畑で育つもの。台湾の南部でそれをこの目で見ていたのでなおさら、自分の手元でパイナップルを植える発想がわかなかった。

東京の5月は美しい。春の後、夏の前、あちこちでばらが咲き、つばめが頭の上を飛んでいく。
夏に備えて日よけのためにへちまの種をまいたので、その勢いパイナップル・クラウンを植えてみます。
軍手をした手で実を抑え、クラウンを軽くひねるとすぐにきれいに外れました。
面白い。大人も子供も、ぜひまるごと一個買って試してみてください。

台湾のパイナップルは、こんな見た目なのに柔らかい。片手で持てる、でも重たいのはきっと果汁のせい。柔らかい台湾パイナップルには、かたい芯をくりぬき丸く切る概念がない。台湾に移り住んで最初の年はメロンや西瓜と同じカットの仕方に度肝を抜かれたけれど、いまはそれが誇り、それができると嬉しい。

台湾フルーツに関するコラム

 

台湾パイナップルは世界一。畑で実る金色の王冠台湾の夏、果物の収穫もまっさかり。パイナップルやマンゴー、ライチの畑を見に出かけてきました。...

 

台湾ライチが日本へ届くまでと、1日に食べる量のお話し。今日は台湾のライチ畑と、日本への輸出の流れを簡単にご紹介。食べすぎ注意はほんと?...

 

台北の市場でタイのドリアンを丸ごと買った。台湾フルーツの旬は市場の彩りが一番華やかな季節です。 なのに私は、タイから来たドリアン(榴槤)に釘付けになっていました。ドリアンを捌く果物屋の動画も。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
ライター/コーディネーター。 香港から猫を連れて台北へ移住後、30年ぶりに東京暮らし。満喫中。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|