スポンサーリンク

水瓶男は避けられる?!台湾女子の12星座観にびっくり(或いは一部都市伝説)

台北生活

水瓶男は避けられる?!台湾女子の12星座観にびっくり

食事に行ったお店のスタッフの女の子と話をしていると、流れで星座の話題になりました。


台湾では星占いが良く浸透しているようで、「何座?」「じゃあこういう性格ね」と12星座の特徴を把握している人もとても多い。雑誌や新聞に星座占いがあるのは日本と同じです。日本でも、相性がいいとか悪いとか、なんとなくチェックすることはあるけれど、台湾は日本以上に気にしているかも。

十二支も台湾に当然あるけれど、干支で性格や相性を言うのはあんまり聞いたことがないなあ。年齢を言い当てられるのを避けているのかしら。

その台湾人のスタッフの女の子曰く、
「水瓶座の男はだめです。台湾では、水瓶座の男は避けられます」
女性とは言え水瓶座の私は「そんな・・・」と驚くと、一緒にいた日本人の友達が
「聞いたことある。水瓶座だって理由で破談になったって
「えええええ」

日本では丙午の女性が恐れられた時代もあったけれど、それは60年に一度だけ「丙」と「午」が組み合わさる時。水瓶座なんて12分の1の確率なのに、台湾の水瓶男性、とんだ風評被害を被っているんじゃ?

 

「水瓶男」が台湾女子を悩ますキーワード「何を考えてるの?」

好奇心から台湾のサーチエンジンで「水瓶男」でサーチをしてみると

「冷淡」
「何を考えているかわからない」
「攻略法」
「心変わりをした時の態度」
「結婚する気にさせる」

と切羽詰まったキーワードがずらずら出てきました。
他の星座で試してみても、「恥ずかしがり」やら「ミステリアス」等、その星座の人の特徴と思われるキーワードだけ。

「何を考えているのかわからない」、水瓶座男性が台湾人女性を悩ませる特徴なのでしょうか。

最初にそのことを教えてくれた女の子も、

「水瓶座の彼は、皆に同じように優しい。私のことを好きみたいな態度なのに、他の子にもそうだったの」

と、当時を思い出したのか、悔しそうな表情。
いやそれはその彼が特別に八方美人だっただけじゃ・・・と思うものの、同じ水瓶座として、完全に否定できない自分もいる。波風立てない、自分の時間とスペースを保つのが大事だから、親しい相手からもさっと距離を置くことがある。それを「さっきまで優しかったのに?」と責められたら、いやーそんなつもりじゃなくてさあー、と当たり障りのない態度でいるのが、相手には辛いのかもしれないですね。

「でも今の彼は魚座。私は牡羊座ではっきりした性格だけど、彼は魚座で優しいから、丁度いいんです」

と彼女は幸せそうでした。

とはいえ、他の台湾人の友達に聞いても「水瓶男が結婚できない?聞いたことないよ」と怪訝な顔。一部の都市伝説なのでしょう。水瓶男子の皆さん、安心してください。

海外向きな射手座女子
12月に入った途端、香港や台湾で知り合った女友達に「誕生日おめでとう」のメッセージを毎日送っています。みんなの居住地は日本、香港、台湾、北欧と様々だけれど、顔を思い出すだけでこちらが笑顔になるような、元気で賢く、好奇心旺盛で勉強も大好き、聞き上手で話し上手だから、一緒にいて気付かされること、大笑いして励まされる、かけがえのない友達ばかり。香港と台湾の生活を、彼女たちにどれだけ支えてもらったか、わからない。
良くもここまで集中して12月に生まれてきたものだとびっくりするほど、彼女たちは射手座女子。射手座の生まれは海外での生活や、あるいは日本にいて海外との関係が深い仕事が性に合うタイプなのかなと密かに思っています。
でも、星座で「この人はこう」と先入観を持ってしまい、最初から避けたり、或いは最初からグイグイ行くのはナンセンスですよね。あくまでも目安として、うまくいかなければ星座の相性を言い訳にして慰めに、うまくいったら当たってると盛り上がる。そんな感じでいいんじゃないかな。

ちなみにうちの猫は12月25日に拾った当日、獣医さんの見立てで生後3週間だったので、射手座のオスかな。猫の星座なんて関係ないさね。動物は個体によって性格も様々。でも、元気ならそれでいいです。

よちよち歩きのこんな可愛い頃もあったのよ・・・

 

台湾・台北在住のライター&ロケーションコーディネーター。香港から猫を連れて移住してきました。活動範囲は台湾、香港、時々ベトナムなど。広東語、中国語を使います。プロフィール詳細 はこちらをご覧ください。仕事のご依頼やお問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。