台北生活の日記

玄関に逆さの「福」と恋愛運を乱す「春」はNG! 春聯 貼り方のルールとタブー

台湾の春節をあたらしい春聯とともに迎えましょう

 

旧正月前、台北・迪化街にたつ「年貨大街」で春聯を書いてもらうのが毎年の楽しみです。今年も、いつもお願いする先生に書いてもらいました。小さいもので一枚50元くらいからです。

迪化街の年貨大街で何時も書いてもらう先生。民生西路に屋台が出ています。

 

台湾や香港でよく見かける、赤地に「春」や「福」などの文字を書いた四角いお札。台湾では「春聯」、香港では「揮春」と呼ばれています。

「福」を逆さに貼っているのを見て、どうして?と聞かれると、
「逆さにする=<倒>と<到>の発音が同じだから、福が来るという意味になるんですよ」

と答えるのが一般的ですが、実は「逆さにしてはいけない」場所もあるのだそう。

春聯を貼るのに良い時間帯や場所、ルールとタブーを調べてみました。

玄関に「春」一文字を貼ると恋愛運に乱れあり

かつての色町のドアには「春」の文字を掲げていたので、中国語でいう「桃花」、恋愛運が乱れるのだそう。
「福」や「招財進寶」を玄関に貼るのは問題ありません。

玄関では逆さ貼りNG

 

逆さにする=「倒」と「到」が同義語になるので「福」や「財」を逆さに貼る場合がありますが、玄関だけはNG。「家中の財や幸福がひっくりかえってしまう」のだそう。


赤峰街のカフェ「Stand by me」はオーナーたちが波乗りを愛しているので、「浪」の春聯。

 

 

ドアに貼るのは幸運の奇数で

奇数は陽、偶数は陰と考えられるので、ドアに貼るのは1枚、3枚、5枚など吉祥を表す奇数に。

これも台湾でよく見る、縁起の良い文字てんこ盛りの宝船。東區の「Homeys Cafe」です。

春聯を貼る時間帯

旧暦の12月24日から大掃除などをはじめ、綺麗になったところで春聯を貼ると良いそうです。
最も良い時間帯は、旧暦大晦日の午前6時から12時までの間。陽の気が最も強いのですって。2020年の旧暦大晦日は1月24日です。忘れずに!

古い春聯は外して破る

面倒だからと古い春聯の上に新しいものを貼らないこと!古いものを外して破り、新しいものを貼ることに、新年の幸運を呼び込む意義があります。

オリジナリティの出し過ぎ、不吉な文字を使わない

最近は自分好みの個性的な春聯を作る人も増えていますが、「滅」、「絕」、「死」、「亡」など不吉な文字、同じ発音や同義語は使わないようにしましょう。

喪中はお祝いを意味する春聯を貼らない

家庭内に不幸があって1年以内は、喜びやお祝いを表す春聯を貼るのは避けましょう。

参考記事:春聯「8大禁忌」看這裡!大門「這樣貼」恐趕跑整年福氣

 

意外と知らなかったけれど、幸い家の玄関の「福」は倒さず、「春」も室内に貼っていたのでセーフ。今年も新しいものを貼るのが楽しみです。

 

 

 

店名を書いてもらうのも可愛い

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|