MENU
台北生活の日記

台湾の端午節、今年も市場で菖蒲と南北の粽、玉荷包ライチで清々しい6月。

6月になった途端、いきなり気持ちが晴れ晴れとしました。5月の長雨があがったから?端午節の市場、菖蒲やヨモギ、粽を包む葉の清々しい香りや果物の彩りのおかげ?

 

台湾は今日から端午節の3連休。
この時期は、街の市場に魔除けの懸香草や菖蒲湯に使う沐浴剤が並びます。

 

菖蒲とレモングラスの青くさわやかな香り。足湯にしたり、お湯を浸した温タオルをつくって顔や手足を拭くだけでもとてもさっぱりする。
6月に入ったらなぜか心身ともに清々したみたい。気のせいかな?
5月の長雨がやっと止んで、6月1日の朝に目が覚めて明るい日差しを見た時、視界も頭の中も細胞も開けるような、とても良い気持ちになったのよね。なぜだろう?不思議だけれど、6月に入った途端、嬉しい心地に切り替わっていました。

 

小鳥とお花のソープディッシュは、高雄中央公園英迪格酒店で。
客室で使われているのがあまりにも可愛いくて、売ってもらえないかとお願いして、未使用のものを3枚購入。うち2枚は、日本の友達に送りました。


端午節の市場は夏の果物が色とりどりに並んで、あれもこれも欲しいと心が踊ります。普段は見かけない粽のお店もあちこちに。南部粽と北部粽、どちらが好みか美味しいかと、台湾では毎年論争が巻き起こっているようです。南部のは柔らかくてお粥喰ってるみたいだという人もいれば、北部はただの油飯巻いただけでしょと鼻で笑う人もいて、これは南北戦争だと粽の美味しさで言い争ったり、粽のカロリーの高さに震えあがって、一個分消費するには何時間歩くかリストが出回ったり、台湾の平和がずっと続くといい。うちの近所の市場では、土のお店も北部粽をくるむ葉は淡い色、南部粽は濃い緑と色分けされていました。どっちが美味しいと思う?有名なお店のは食べた?と尋ねられても、私は結局友達のおばさんが作ってくれた粽がおいしくて感激したので、これ以外は、どうでも。という感じ。
「友達の家の粽が忘れられない」という台湾で生活する外国人、何人かかいました。

粽を食べる楽しみは、温めて紐をほどき、開いたときに広がる笹の葉の香り。
迪化街に粽を包む葉を扱うお店があって、何気なく通りかかるだけで、良い香りにふと足をとめ、振り向いてしまいます。

台湾の端午節コラム

 

台北 入場規制の青空市場で端午節ならではのお買い物台湾の端午節連休はステイホームで。 週末は市場やスーパーマーケットの入場制限がかかります。青々とした懸香草、香ばしくふくよかなな南北のちまき、瑞々しいマンゴー。市場が一年で一番鮮やかで美しいのは端午節だと、利用規制を掛けられた今年、強烈に感じました。...

 

台湾の端午節、賑わう市場でヨモギと菖蒲のお飾り「懸香草」を台湾の端午節。ちまきのほかに、「懸香草」を掛ける習慣があります。門や入り口に対にして飾ると、虫避けや魔除けになるのだそう。菖蒲の長く尖った剣の形で千の邪悪を叩き斬り、艾草は百もの福を表すのだとか。...

 

真夏の台湾、ヨモギのお飾りと「大春煉皂」の石鹸で爽やかに魔除け旧暦の端午節が近づくと、台北は外に出るのをためらうほど強い日差しと暑さ。私はこの時期、台湾の暑さを乗り切るために「ヨモギ」にすがります。爽やかさだけではなく、夏ならではの魔除けにも。...

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|