台湾あるある

台湾へ薬品類の持ち込み可能数量を確認。台湾あるある「日本へ行くなら買ってきて」の牽制対策にも

台湾へ「薬品類の持ち込み規制」を確認。台湾あるあるの「日本へ行くなら買ってきて」風邪薬、目薬の大量購入依頼から身を守り、身軽な日本の旅を楽しんで。

「水をたくさん飲みなさい」体調が悪い時によくアドバイスをされます。香港でも台湾でも、ぬるま湯や白湯を飲んで新陳代謝をする習慣が、若い人にも根強いですね。

でも、あきらかに風邪をひいた状態になると、台湾人の多くが「日本の市販薬」を勧めてきます。今日は台湾へ持ち込みできる薬・処方薬・コンタクトレンズの数量を財務部のサイト資料を参考に確認してみました。

 

台湾に多い「日本のかぜ薬信者」たちからいろいろ勧められる

「風邪ひいたの?薬はある?」

台湾の友達は、日本のかぜ薬に詳しいひとが多い。日本へ旅行へ行くたび、ドラッグストアで常備薬として揃えるそうです。

「〇〇はよく効くけど、××は良くないと思う」など、商品名だけでなく、持論を展開するほどよく知っている。

「私はかぜ薬、のまないのよ・・・」弱弱しく答えると「そうなの」と困惑したような、でも「飲まない」という簡単なポリシーを理解するような面持ちで、それ以上強く勧められることはありませんでした。

「知ってる?薬の名前は<ン>で終わる商品名が多いでしょう」

知ったかぶりで言ってみると

「そうですね、バファリン、パブロン、キャベジン・・・でもルルやベンザエースは?みみさんが教えてくれたイヴも、ンがついてないですよ」

「ほんとだね。しかしよくそんなにすらすら、海外の市販薬の名前が出てくるねえ」

私は感心してしまいました。

「だって私たち、市販薬は日本のしか飲まないから」

そういって鼻の穴を膨らませて胸を張る台湾人、香港人も日本のドラッグストアが大好き。現地でも手に入るものは増えていますが、日本の方が手ごろだし種類も多い。なので、ネットで知った新商品情報があると、直近で日本へ行くひとを見つけたら「買ってきて」と頼むことが多いみたいです。

台湾へ持ち込みできる薬・処方薬・コンタクトレンズの数量には制限がある

あれもこれもと買い込んだり、頼まれたリストのものを揃えたり。たんまり買い込んでスーツケースへ入れる時、膨大な量に不安になることもあるでしょう。

台湾への持ち込み品は制限があります。

財政部の出入国時持ち込み品について記したページをチェックしてみました。財政部關務署臺北關 入境報關須知 から、一般的に、旅行者や長期滞在者が買い物を頼まれたり、お土産にしそうな範囲の薬品に関する注意点部分を抜粋しました。

定められた数量を越えると没収・破棄になるようなので、参考になると幸いです。

参照元リンク:財政部關務署臺北關 入境報關須知

(当該ページの更新日は民国106年・2017年9月4日です。利用時に更新の有無を確認をしてください。)

二、薬品

(三)西藥:化学薬品。「西薬」「中薬」と薬の種類をわけて考えています。

持ち込みできる市販薬の量

非処方薬は1種類につき最大12瓶(箱、缶、本)、合計36瓶(箱、缶、本)を越えないこと。

1.非處方藥:每種至多12瓶(盒、罐、條、支),合計以不超過36瓶(盒、罐、條、支)為限。

 

原文にある「條」は川や魚、紐などの形状を表す単位なので、「本」と考えていいと思います。

私はかぜ薬は買いませんが、コラーゲンやビタミンドリンクは日本での必買アイテム。1種類につき12本までなのですね、そんなに買わないけれど(重いし)、気をつけなければ。

処方薬を持ち込む場合

処方薬:医師の処方箋や証明書類を携帯しない場合、2か月分まで。処方箋や証明書類がある場合も、合理的な容量を越えてはならず、6か月分までとする。

2.處方藥:未攜帶醫師處方箋(或證明文件),以2個月用量為限。處方藥攜帶醫師處方箋(或證明文件)者,不得超過處方箋(或證明文件)開立之合理用量,且以6個月用量為限。

処方箋で出してもらうお薬を服用していて、台湾に長期滞在する場合は注意しましょう。下記には、病人が服用する薬品を携帯して入国する申請書があります。滞在が長期にわたり、多量の場合は確認してみましょう。

(十)輸入許可申請或病人隨身攜帶管制藥品入境出境中華民國證明書申請,請洽詢衛生福利部食品藥物管理署,服務電話:02-27878200。

錠剤、袋状

錠剤、袋上の食品は一種につき最大12瓶(箱、缶、本)、合計36瓶(箱、缶、本)を越えないこと

(四)錠狀、膠囊狀食品每種至多12瓶(盒、罐、條、支),合計以不超過36瓶(盒、罐、條、支)為限。

先ほどの風邪薬、飲み薬、ビタミン剤もですね。「買ってきて」と頼まれた場合も、きちんと把握しておき、運び屋状態にならないようにしましょう。

コンタクトレンズにも制限

コンタクトレンズ:同じ度数で60枚まで、ひとりにつき同じブランド、二種類の度数まで

(六)隱形眼鏡:單一度數60片,惟每人以單一品牌及二種度數為限。

これも長期滞在でコンタクトレンズ利用の方は注意点ですね。台湾でもコンタクトレンズは買えるので、お使いのものがあるかどうか、事前に確認しておくとよいでしょう。

あと大事なのが

パッケージは本来の形で

自分用の薬品は「オリジナルのパッケージ」であること

(七)自用藥物限量表所定之產品種類:瓶(盒、罐、條、支、包、袋)等均以「原包裝」為限。

箱をあけてばらしたものはダメということ。安全性を守り偽造品を避けるためのようです。

ワンポイントアドバイス:日本へ行くことを知られてはならない

台北で習い事をしていた時「日本へ帰るので、来週は欠席します」と私が先生に申告しているのを聞いていたクラスメートから「目薬を買ってきて」と言われたことがありました。ドラッグストアには必ず行くので気軽に引き受けましたが、勿論代金は前もって払ってくれません。安いものだし、彼女は色々助けてくれたから、お土産として渡しました。

出張で行く台湾企業の相手先から「日本で携帯電話を買ってきて」と頼まれた人、「電気釜が欲しい」と言われた人の話を聞いたので、目薬くらい、違法でなければどうということはありません。

バブルの頃は、ハワイへ行くと聞きつけてシャネルのなんやら買ってこいと言ってくる日本人もいたし、どこの国にも変な人はいますね。(最近こんな話題ばっかりだな・・・)


「台湾人は気軽にあれ買ってきてこれ買ってきてと言うから、日本へ行くとを知られてはダメよ。私も言わないし、SNSにもあげない。日本にいるとわかったら、ガンガンメッセージが来るから」
台湾人の友達に、真顔で言われたことがあります。うんうん、あるある。「日本はWi-fi繋がりにくいから、ごめーん気づかなかったーで切り抜けるしかないね」
「しかも買ってきてあげたモノをこっちまで持ってきてと言うの。彼女、台中に住んでいるのに」
「あなたが台北に住んでいるって知らないの?やだやだ。でもさ、買ってきてならまだいい方。一番怖いのは・・・」
「『私も一緒に行きたい』でしょう」

みんな悪気はないんですよ。本当に悪気は一個もないの。ただ、旅行中の時間が限られているとか、自由でいたいとか、荷物が増える辛さまでは気にしない、大らかな人ということ。だから、身軽にすっきり、日本への里帰りや旅行の時間を有効に過ごすなら、行き先はトップ・シークレットにするのが無難です。知られてしまったら、可能な範囲で対応するのはもちろんOK。ただ、上記の持ち込み可能な数量を超えないか、しっかり確認してから引き受けましょう。

「もし違法だったら罰金ね。違法じゃなくても、超過料金かかったらどうしましょう。あなたのメッセージは証拠として取っておくから、負担してくれるよね?」
コロナで何かと罰金が身近になってきたので、これくらい強く言えば、あきらめてくれる……はず。
ここまで言わなければならない相手って、友達でも何でもないと思うけどね。
それにしても、財務部のサイトはとても細かく分かれている。読んでいたら目が疲れてきました。目薬、日本へ行ったら買わなくちゃ。

お買い物・検疫に関連するコラム集

Googleおすすめ記事になってしまった「香港マストバイ」

 

日本へ持ち帰りの肉製品やフルーツ検疫まとめ

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|