台湾旅行情報

台湾チャイニーズハーブティー 青草茶、アロエ茶おすすめ2軒

モダン店舗と老舗屋台、台湾旅行で気軽に立ち寄るチャイニーズハーブティ、青草茶、アロエ茶のスタンド

 

台湾に来たなら本場の漢方も試してみたい。でも診察したり、錠剤や粉など本格的な購入までは…と二の足を踏んでいる方は「青草」と看板を掲げるお店やスタンドのドリンクでトライしてみましょう。私のおすすめ2軒はこちらです。

 



一兩十錢青草舖(通化街)は、おしゃれで親切な店舗型

 

漢方薬局のテイストがモダンなハーバルティーショップ「一両十銭青草舗」

 

「一兩十錢青草舖」は通化夜市に近い住宅街の漢方ドリンク専門店。漢方に長年携わったオーナーが、その日の状態や気分、どうなりたいかを聞いて、適したドリンクを勧めてくれます。

漢方ドリンクの種類やサイズはとても豊富。英語でコミュニケーションもOKなので、気軽に質問してみましょう。

 

いきなり買うのは不安なものだけれど、必ず試飲させてくれるので安心。とても親切なオーナー、ひっきりなしに訪れる地元の方たちの

「ダイエット中なんだけど…」
「昨夜飲み過ぎた―」
「火鍋や焼き肉を食べて体が熱もってる」
「ちょっと濃いめで」
「あんまり熱くしないで」
「冷たすぎないで」

聞いているだけで気が遠くなりそうな細かい顧客の要望に、颯爽と暖かく、とても楽しそうに対応していました。

前日ちょっとお酒を飲んだので、この日私は「夜猫養生茶」の中瓶(80元)に。夜猫は「夜更かし」のこと。遅くまで仕事をしたり遊んだりした身体の調子を整えてくれます。

こんなおしゃれなお店なら、旅行者にも行きやすくて安心です。21時まで営業しているので、ちょっと風邪気味の方を夕食後にここへ案内したことがあります。温かい漢方茶を一杯飲んでホテルに戻りゆっくり休んだら、翌朝はとてもすっきりしたお顔になっていました。通化夜市も近いので、夜市散策のお供にしても良いですね。

通化街を「福德宮」のゲートの路地に入って行けば、右手に「一両十銭青草舗」。

 

パックも販売しているので、日本へのお土産に。

 

オリジナルの漢方の虫よけや、アロエのスプレーもありました。

 

 

一兩十錢青草舖 Taiwan Herbal Tea Shop
住所:通化街39巷24號1樓
電話:02 2784 0983
営業時間:10:00~21:00 無休
公式サイト:Facebook

 

正發青草舗(民樂街) 迪化街裏、有名な老舗屋台は3代目

 

この外観にしり込みするか飛びつくかは、自分の直感に身をゆだねましょう。

 

台北にはいくつかある「青汁街」、老舗と言えば迪化街のすぐ近く、花布の購入で人気の「永樂市場」脇に出る「正發青草舗」。

この看板を初めて見た時、「好きです!」とお店のご主人にすぐアタックしました。他にもいくつかお店はあれど、ついフラフラと引き寄せられてしまいます。
私はここではいつも、「アロエ茶(蘆薈茶)」(30元)。

ふっくら瑞々しいアロエの、皮も使っているのだそう。蜂蜜のほのかな甘み、青臭さもなく日差しの強い夏の台湾にぴったり。

搾りたてのアロエ茶(蘆薈茶)一杯30元。大きな業務用のクーラーボックスで冷やしています。

 

体調によっては「大変効き目がある」「即効性マジで半端ねえ」場合もあるので、その後の行程のお手洗いの場所をチェックしておきましょう。

 

正發青草舖 Uncle Chien Herb Tea
住所:台北巿民樂街63號前
営業時間:7:30~19:30
公式サイト:Facebook

 

上記二軒はPOPEYE2019年4月号「台湾CITY GUIDE」でも紹介しているので、誌面でもぜひご覧ください。

[amazonjs asin=”B07NRTDT91″ locale=”JP” title=”POPEYE(ポパイ) 2019年 4月号 台湾のシティボーイたちと作った台湾シティガイド”]

※店舗情報は訪問・掲載時のものです。ご利用前に営業状態をご確認の上でお出かけください。

※情報や画像の転載、流用は固くお断りいたします。

まだある台湾と香港、身近なチャイニーズ漢方

 

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|