台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

台湾の新型コロナ対策「台湾モデル」時系列を初動からふり返る

2020年5月19日、台湾の衛生福利部が一本の動画を公開。タイトルは「台灣模式」、新型コロナウイルス対策台湾モデルの時系列でした。

 

台湾の新型コロナウイルス対策、「The Taiwan Model 台湾モデル」。動画では2019年12月から2020年4月1日まで、政府や第一線で従事する人たち、市民の様子を時系列で再現しています。

※2020年6月11日 多言語版が公開されました。

日本語字幕とナレーション版「台湾モデル」はこちら

 

 

 

5月21日現在、動画字幕は英語と中国語版のみ。文字が小さく流れも速いので、時系列を書き起こしてみました。台湾の街の様子や出来事、私自身感じたこと、起きたことも流れに併せて振り返っています。

世界が注目する「台湾モデル」の新型コロナウイルスの封じ込めは、〝島国シャットダウン”で完封となるほど、生易しいものではありませんでした。ウイルスとの戦いは、時間との戦い。春節を返上し、日を刻んでいく台湾の人々の様子、5分と少しにまとめた記録をご覧ください。

 

この動画が公開された日、台湾の参加は叶わなかったWHOの総会が開かれていました。私は胸に悪態が渦巻いたし、口からこぼれ出ました。でも、この動画を観たら、気持ちが鎮まった。
世界中の誰もがあまねく健康で、平穏であってほしい。その願いだけに落ち着いて行きました。

台湾モデル時系列と、台湾の出来事

見出しの大文字は「台湾モデル」の動画の時系列。前後して、当時の様子を補足しています。「動画の時系列だけ、当時発生していたことは不要」な方はシンプル版をどうぞ。

2019年12月 武漢-台湾便で検疫を開始

 

動画の開始からすぐに、2003年のSARSまん延時、大規模な集団感染が発生し、病院封鎖となった台北・和平医院の様子が差し込まれます。

「台湾人は、死にたくないんだ」
台湾人の知り合いが、私を日本人と知ったうえで言いました。

SARSがまん延した期間、感染への恐怖と経済に打撃を受けた記憶。あの辛さは、絶対に繰り返さず、阻止しなければならない。
その警戒力は、2003年当時「感染ゼロが続いている」と安心したなかで発生した病院封鎖、全世界で最後にSARS感染地域から解除された台湾の経験からなるものかもしれません。

2020年1月 中央感染症指揮センター発足

7日 武漢を感染症危険レベル1に指定

NHKの1月9日の報道に疑問を感じて、ツイートしました。
海の向こうの出来事じゃない。春節のアラートを鳴らしてよ!と地団駄を踏みつつ。

 

12日 台湾から武漢へ、専門家を派遣

 

20日 「多言語での防疫PR」を開始

この頃、24日から始まる春節の大移動を前に不安で仕方なく、香港で起きたSARSのことを忘れないようにブログを書きました。

【新型コロナウイルス】SARSで殉職した方たちのことを忘れないから神経質になる。新型肺炎に対して神経質上等じゃい。SARSでは院内感染した香港や台湾の医療関係者の多くが殉職したことを忘れてはいけない。彼らの犠牲を教訓にしなければならない。無防備ゆえに感染が広がった、あんなことは二度と繰り返してはならない。...

 

 

23日 中央感染症指揮センターが「毎日定例会見」を始める

今も毎日、午後2時から定例会見が行われています。会見は記者の質問が終わるまで、無制限。

 

WHOテドロス事務局長「台湾が攻撃してくる」冷静に切り返した「陳時中厚生大臣」が素敵だから紹介したいWHO事務局長テドロス氏が「3ヶ月前から台湾から攻撃をうけている」と述べたことをうけ、台湾の感染症指揮センター指揮官・陳時中厚生大臣が冷静に切り返し。「陳部長」の人気を語るエピソードをご紹介する時が来たようです...

 

24日 旧暦の大晦日、「マスクの海外輸出制限」を公布

台湾の人たちにとって、春節は一年で最も大切にされる連休です。
家族とともに過ごす、あるいは念願のゆっくりとした海外旅行、楽しみにしていた台湾で一番長い連休は返上され、そこからずっと、「台湾モデル」は動き続けています。

 

そしてこの頃にはもう、台北の街中でマスクがいよいよ品切れになっていました。

 

25日 健康保険カードで「旅行歴読みこみシステム」を開発

この頃、SARS発生から終息までの時系列をふりかえり、まとめていました。街中にはマスク姿の人が増えてきた、春節期間。

新型コロナウイルス肺炎の対応と教訓。SARSが香港で感染拡大してから終息までの記録新型コロナウイルス肺炎で後手後手になり、取り返しがつかなくなる前に。2003年SARSの発生から拡散、終息までの香港の日々を時系列にまとめ...

 

 

29日 隔離・検疫をしている市民の「地域サポート」開始

隔離検疫をしている人たちに食料品などをドア前まで届けたり、電話で様子を訊ねたり、地域でのサポートが行われていました。

29日「隔離検疫市民の追跡システム」も稼働

このシステムで、検疫違反の「脱走者」が複数確保されています。
罰金100万元コースもありました。「人権より人命」の対応です。

 

30日 全国のマスク製造商を徴用

マスク売り切れ、不安が募り始めたけれど、まだ何となく明るかった。

 

2020年2月 マスク実名制販売システム稼働

3日 「マスク実名制販売」システム3日内に稼働

政府がマスクを買いあげ、健康保健カードで管理販売する制度がスタート。マスク争奪戦や価格高騰などの混乱は避けられ、公平に行きわたったため、台湾の市民は落ち着いていられたと思います。
付随するように、民間による「マスク購入MAP」アプリも多数登場。
ホテルや観光地、レストランなどで検温、消毒後の入場規制が始まっていました。

5日 「ナショナル・マスクチーム」設立

マスク製造に携わる男性の子供が絵日記を描く場面。
一カ月も帰宅できないお父さんを「誇りに思う」と。


香港、マカオからの入国、渡航制限開始。

 

9日 企業と政府が協力、「アルコール消毒液」を製造開始

台酒の消毒用アルコールをコンビニに並んで買った。台酒の消毒用アルコールはどこにある?三連休中日の午前中、フラフラと近所を歩いていたらセブンイレブンのドアに「本日15時より発売開始」の貼り紙が。並んで買った。...

 

12日 検査の強化

 

2月14日には、当局から日本渡航への注意喚起が発令されました。

台湾人が「日本大丈夫?」と敬遠しはじめた日。「日本は入国を制限してないの!?」おったまげる人、「日本からのお客様?」とおびえる人。台湾人が「日本大丈夫?」と敬遠しはじめた日。...

 

 

16日 「入境電子システム」を正式導入

 

19日 「ダイヤモンドプリンセス号」からチャーター便で19人帰国

 

24日 中央研究院が治療薬「レムデシビル」の合成に成功

25日 国会で「厳重特殊伝染性肺炎防治及紓困振興特別条例」成立

 

25日 110万着の「防護服を製造」、前線を支援

27日 1日あたりのマスク生産量が1200万枚を超える

 

2020年3月 出入境制限、海外渡航禁止

5日 1週間に購入可能なマスク枚数は大人3枚、子供5枚に

その後、2週間で大人9枚、子供10枚へ増加調整

8日  中央研究院は検査時間を15分に短縮するキットの開発に成功

 

11日 武漢からのチャーター機 帰国第二便が到着

 

12日 「マスク実名販売制2.0」稼働開始

マスクのオンライン予約、コンビニやスーパーで受け取り可能に。

台湾マスク実名制 ネット予約・コンビニ受け取りスタート台湾政府は3月10日、マスクのネット予約・コンビニ受け取りの新システムをアナウンス。「実名制マスク販売2.0」は3月12日から運用開始。詳細と注意点のまとめ...

 

16日 約16000人の帰国者が自宅検疫

3月17日には、日本への渡航中止勧告が出ました。

 

18日  台湾とアメリカ「連合防疫」を展開

3月19日から、台湾居住権を持たない全ての外国人の入境が禁止になりました。

30日 オーストラリアと防疫物資協力へ

 

2020年4月 国際社会との連携、強力

1日 国際社会へ、マスクや医療物資などの提供と協力

各国から「台湾モデル」に注目が集まる。

日本へも、医療や学校などへ200万枚のマスクが寄贈されました。

 

Health for All, Taiwan can help, Taiwan is helping

蔡英文総統は「Health for All, Taiwan can help, Taiwan is helping」の演説で以下のように語っています。

 

2003年、台湾は孤立したまま、独自にSARSと立ち向かわなければなりませんでした。

今、我々は世界と共に新型コロナウイルスに立ち向かいます。
助けを必要とする友人を、誰も見捨てることは出来ません。

全ての人々の健康のために、Taiwan can help, Taiwan is helping.

 

 

台湾では5月から野球観戦、スタジアムでの飲食も解禁になりました。マスクの備蓄は1億枚を超え、マスク購入制限も緩和される見通しです。

 

浮かれたい気持ちはあるけれど、動画の最初に差し込まれた2003年の和平医院を思うと、そうじゃない、まだ早いと思ってしまう。
あの病院封鎖は、香港で集団感染を引き起こしたアモイガーデンの住人と列車に乗り合わせた人が引き金になったことを思い出すと、
(まだ油断できない、何が起きるかわからない)
と不安な気持ちになります。

それでも、春節を返上して尽力してくださった人達、今も続けて台湾と世界が健康を取り戻せるよう努力している人たちに守られている心強さがあるは、間違いのない事実です。

 

メイドイン台湾のマスク。紫の縁取りにはぎょっとしたけど、気にしない!

 

台湾発 新型コロナウイルス関連コラム リンク集

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|
こちらの記事も読まれています