台北生活の日記

「緣心豆花」台北の暑い午後、ひんやりあずきと豆花になだめられる

今年の夏がことさらに暑いわけでもないのに、午後が暮れていく頃になると
「あずきをください…」
と心身ともに震えてきます。
かき氷も嫌いではないけれど、私は胃腸にダメージを受けやすいため、快楽の後に来る苦しみを思うとためらってしまう。
だから冷たすぎないひんやり豆花に、あずきをトッピング。
台北の夏の午後、穏やかで甘い時間です。

松山區にある民生社區は、おしゃれショップやカフェが並木道に点在する「富錦街」が有名ですね。
このあたりは落ち着いた住宅街。少し足を延ばした新東街あたりには昔ながらの食堂や屋台風のお店が並び、低層アパートの間を縫うように緑の濃い路地をきまぐれに散歩するのがとても楽しいエリア。
「縁心豆花」は、いつも人がいっぱいです。店内利用の人、持ち帰りで立ち寄る人がひっきりなしに訪れていました。

豆花は温かい「熱」と冷たい「冷」から選べます。カウンターに並ぶトッピングを見ながら好きなものを3種類選べる「綜合豆花」は55元(約198円)。

豆花、シロップ、ねっとりした蜜氷のベースに、あずき、はとむぎ、大豆を選びました。定番の緑豆や仙草、アーモンドゼリーやタピオカもあるし、白とピンクの湯圓を乗せればカラフルになりそう。

 

甘く煮たタロイモやアーモンドゼリー、左奥には湯圓。

 

トッピングは指差しでOK。

 

トッピングを盛りつけたら最後に再びシロップを回しかけて完成。「甘さが足りなかったら、注ぎ足してね」とお兄さんが教えてくれました。

 

蜜氷は溶けにくいから、味が薄まることもなく、冷たすぎなくほどよいひんやり感を保ってくれます。そう、「冷たいけれど、冷たすぎない豆花」は夏にとても大切なことだと思いました。
シロップやあずきに溶けるように、優しく砕けていく癖のない豆花。20年近く、昔ながらの手法で手作りにこだわっているのだそう。

あずきや大豆も甘すぎず、豆花の優しさを凌駕しない。後味はべたつかないから、あれ、食べたっけ?ととぼけてしまいそうだけど
「あずきをください…」
と念じた時の震えは消えているのが、豆花とあずきの優しい甘さになだめられた証拠です。

縁心豆花の総合豆花。夏の身体には冷たすぎない豆花が心地よい

 

縁心豆花のメニュー

 

 

「縁心豆花」は、かき氷や三色プリンも名物みたい。会計時に次回使える割引券をもらったので、今度はプリンにしてみようかな。冬には温かい紅豆湯、台湾のおしるこもメニューに登場します。ジンジャーシロップがけの薑汁豆花も、体が温まって美味しそう。

この日は天気がいいので外の席で食べていたら、お店のお兄さんがテイクアウト用のカップを3つ重ねて通りを渡り、向かいの食堂へ入っていきました。ご近所からも注文が来るのね。良い感じだ。と思って眺めていたら、食堂から出てきたお兄さんは、別の紙カップにカットした黄色い西瓜を山盛り持たされて戻ってきました。ご近所づきあいが垣間見えるのも、人が暮らす穏やかさがあってますます良い感じ。

※外席はクーラーの室外機真横でものすごく暑いので、夏場は涼しい店内での利用をおすすめします。

 

新東街は、横道にそれるとまた「お」と立ち止まる空間がいくつもあります。時々でかけて「お」となり、「あずきをください…」となだれ込む。こういう場所があれば、台北の夏の散歩も安心ね。

レジの上に乗っていた、緑豆湯と紅豆湯のミニチュア。

冬に食べた時のはなし。

薬局帰りに豆花で温まる、冬の台北 午後のなりゆき台北の診療所で診察後、指定の薬局で薬を受け取り、隣の豆花専門店でひと休み。クリニックの待合室で一緒だった人も、同じコースをたどっていました。...

 

緣心豆花 店舗情報とアクセスMAP

住所:台北市松山區新東街1巷2號
電話:02 2761 0069
営業時間:12:00~22:00
定休日:無休

公式サイト:https://www.facebook.com/yuanxin2002/

アクセス:MRT「南京三民」から徒歩13分
夏場に歩くとしんどいので、徒歩3分ほどのバス停「新東街口」利用も便利です。台北駅や民権西路駅などから、「63」や「262」などの路線をチェックしてみましょう。

 

※店舗情報は訪問、掲載時のものです。お出かけ前に公式サイト等で営業状況を確認してください。

 

民生エリアのその他のおすすめの店

 

台北で、縁起担ぎの亀ゼリー。「香港永春堂龜苓膏」と民生社區散歩台北で、縁起担ぎの亀ゼリー。台北散歩で民生社區へ出かけたので、以前から存在は知っていた「永春堂龜苓膏」に寄ってみました。...
松山民生區「Cafe' Coabana (古巴娜咖啡)」でキューバスタイルランチ民生エリアを散歩していたら大雨になり、飛び込んだカフェ「Cafe' Coabana (古巴娜咖啡)」。 この色合い、キューバス...
六號水門咖啡 Gate6 Cafe|苦味と酸味。水門が見えるカフェ台北・松山エリアの外れもはずれ。 基隆河の向こうは内湖、川べりに出る六號水門の向かいに「六號水門咖啡 Gate6 Cafe」があります...
民生區「馬札羅咖啡烘培館 民生店」木の下のテーブルはリスと相席可台北・富錦街から民生東路へ向かう途中で通りがかった、小さな穴場カフェ「馬札羅咖啡烘培館 民生店」。数量限定の水だしコーヒーに惹かれて休憩したら、りすと相席になりました。...
富錦街近くの穴場 「Cafe Ballet 芭蕾咖啡館」民生東路のあたりは電車が通っていないせいか、緑が多く落ち着いた住宅街が広がっています。不審にならない程度に、散歩しながら家の窓の工夫など...
台北・富錦街「Fujin Tree 353 Cafe by simple kaffa」で松山空港を発つ前に旅の仕上げ松山空港に近い富錦街「Fujin Tree 353 Cafe by simple kaffa」だから起きた、再会ミラクル。 富...

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

 

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|