台湾発・新型コロナウイルス関連コラム

台湾マスク実名制3.0、コンビニ予約が1分かからず簡単すぎて震える

進化し続ける台湾マスク実名制販売。予約はコンビニで保険証カードを差し込むだけ!1分かからず簡単すぎる方法のまとめ

 

台湾で2020年2月から導入されているマスク実名制販売。
スタート時は薬局の店頭販売のみでしたが、3月にはオンライン予約eMask口罩預購系統が導入されて便利になったものの、薬局の長い行列は相変わらずでした。高齢者にはオンライン予約の登録や入力が難しく、実店舗に買いに行っている人もいたようです。

 

そして私のような、外国人居住者にもちょっとしたネックがありました。予約前の登録方法、台湾国籍ならスマホのアプリでできるけれど、外国人はパソコン画面+カードリーダーが必要だったのです。

 

「カードリーダーなんか持ってないしさあ。やっぱり外国人にはハードル高いわよね」
とぼやくと
「なんで持ってないの」
台湾人だけでなく、日本人の友達にも驚かれてしまった。みんな、カードリーダーをフル活用して支払いなどをしていたのね。知らなんだ知らなんだ。台湾に来て11年め、カードリーダーを持たなくても暮らせていたのです。

 

でも、台湾のマスク実名制システムの進化スピードはすさまじい。きっとすぐに、私のような「知らなんだ組」も簡単に登録できるようになるだろうと思っていたら、案の定!始まりましたよコンビニ予約システムが!
これがもう、あまりにも簡単で震えたので、方法をご紹介します。

※2020.4.30受け取り方法を追記しました。

マスク予約が可能なコンビニやスーパーマーケット

 

 

4月22日から始まった新たな店頭予約は、コンビニやスーパーマーケットに設置されているマルチメディア端末で対応。ファミリーマートなら「ファミポート」のような、支払いやコピー、発券などもできる端末機ですね。私も高鐵のチケット発券やコピー、ハガキ作りなどでよく使っていまっす。

コンビニ

セブンイレブン(7-Eleven)   www.7-11.com.tw/
ファミリーマート(全家) www.family.com.tw/
ハイライフ(萊爾富) www.hilife.com.tw/
OKマート(OK便利商店) www.okmart.com.tw/


スーパーマーケット

PXマート(全聯福利中心) www.pxmart.com.tw/
シンプルマート(美廉社) www.simplemart.com.tw/


マスク予約購入時の「お買い物特典」も繰り出しているので、各公式サイトでチェックしましょう。

 

コンビニでマスク予約・支払い・受け取りのステップ

マスク実名制3.0バージョン、コンビニ予約で懸念したのは「事前に衛生福利部に登録していない」ことでした。とりあえず健康保険証カードを差し込んでみると、あっさりと予約スタート。システムに触り始めてから支払い完了まで1分30秒かかっていないかもしれません。
今回は、セブンイレブンでの例をご紹介します。

ステップ1:健康保険証カードを持ってコンビニに入る

ステップ2:マルチメディア端末「iBon」にまっしぐら

ステップ3:画面上の「口罩(マスク)」のバナーをタッチ

ステップ4:健康保険証カードを端末に差し込む

ステップ5:画面上に出る「取貨」「預購」から「預購(予約)」を選択

ステップ6:携帯電話番号を入力する

ステップ7:端末操作をしている受け取り店舗が表示されるので「確認」

ステップ8:受付票を端末から取る

ステップ9:健康保険証も忘れずに取る

ステップ10:10分以内にレジで支払いをする。一回に予約できるのは、2週間分9枚、52元です。

ステップ11:支払い後、受け取りをなくさないようお財布に仕舞う

 

今回の予約期間は4月22日(水)から24日(金)。
受け取りは4月30日(木)から5月13日(水)までの期間です。

とにかくあっという間過ぎて、ぼーっとしてしまった。
帰り道、いつも販売開始前から始まっていた薬局の行列も見かけませんでした。

30秒でOK!蘇行政院長(首相)のコンビニ予約動画

 

受け取り方法(4.30追記)

指定された受け取り期間中に、予約したコンビニへ。

マルチメディア端末で、予約同様「マスク」をタップし「取貨」を選択。

①身分証番号の下4桁 ②受け取り番号(スマホに送られてきます)を入力。

端末から出てきたレシートを、コンビニレジでマスクと交換

この際、端末で次回分の予約も可能です。

今回私が受け取ったのは、青地に紫の縁取り、Made in Taiwanの刻印つきマスクでした。

 

 

すげえなあ台湾……
いったいどれだけの人が、日夜マスクのため、防疫のために仕事をしているのだろう。マスク販売に合わせて対応するコンビニやスーパーも、大したものだと思います。これから暑く、雨の季節が来る台湾。決まった曜日や時間に並ばなくて済むのは本当にありがたい。

 

でも、衛生福利部の陳部長もここ数日は声がかすれているし、かなりお疲れなのが見て取れます。陳部長の会見を毎日見るのがある意味楽しみなものの、お休みしてくれないかな。陳部長だけでなく、私たちの知らない、見えないところで働いている方たち、医療の第一線にいる人達のおかげです。

未購入分マスクは、アプリで海外寄贈も可能になりました。チーム台湾。

 

 

台湾のマスク販売に関するコラム

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用、まとめサイトへの転載も固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

本站內所有图文请勿转载.未经许可不得转载使用,违者必究.

ABOUT ME
mimi
台北在住のライター/コーディネーター。 長年暮らした香港から、猫を連れて台北へ移住しました。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。 |Instagram| |Tweitter| |Profile| |Contact|